テーマ:京極系図

近江守氏信

京極氏信(1220-1295)佐々木信綱の4男。母は北条義時娘。左衛門尉・検非違使・対馬守。文永2年(1265)引付衆に列し、翌3年(1266)11月には朝幕間の交渉役である東使を勤め、12月に評定衆に列した。建治元年(1276)4月、弘安5年(1282)7月にも東使を勤めている。翌弘安6年(1283)10月には父信綱と同様、近江守に補…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

能登守宗綱

京極宗綱(1248-1297)氏信の4男。母左少将阿野実遠娘。左衛門尉、検非違使、能登守。長兄頼氏は、霜月騒動(1285)で安達泰盛追討の賞として豊後守に補任されて佐々木豊後家を立て、次兄範綱は左衛門尉に任じ伯父大原重綱娘を娶ったものの早世した。三兄満信は左衛門尉・佐渡守を歴任して佐々木佐渡家を立てたが、弘安2年(1279)10月4日3…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

佐渡判官宗氏(入道賢観)

佐々木宗氏(1269-1329)京極宗綱養子。実父佐々木満信(佐渡守)。本名宗信。三郎。左衛門尉、検非違使、佐渡守。評定衆に列し(続群書類従本佐々木系図巻第百三十四)、応長元年(1311)10月26日に出家したが、元応元年(1319)閏7月に東使を勤めている(内閣文庫所蔵大乗院文書『文保三年記』応長元年閏7月28日条に「東使両人(行海・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐渡大夫判官高氏(佐々木導誉)

京極高氏(1296-1373)佐々木宗氏の次男。母京極宗綱娘。京極宗綱養子。四郎。左衛門尉・検非違使・佐渡守。佐渡大夫入道。法名道誉(自署では導誉)。評定衆、引付頭人、政所執事。若狭・近江・出雲・上総・飛騨・摂津守護。  正中元年(1324)3月高氏は後醍醐天皇の石清水行幸で、検非違使として橋渡しの行事を勤め(増鏡)、従五位下に叙爵さ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

近江守秀綱

生年不詳~1353年没。高氏の長男。源三左衛門尉、佐渡大夫判官、近江守。侍所頭人。上総守護。母は不詳。『尊卑分脈』で次弟秀宗の母を二階堂時綱女と記しているが、秀綱の母は記されていない。秀宗の外祖父二階堂時綱(三河守)は政所執事・評定衆・引付頭人を歴任した官僚系の有力御家人であり、鎌倉幕府でも室町幕府でも登用され続けた。しかも秀宗は京極氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大膳大夫高秀

京極高秀(1328~1391)高氏の三男。佐渡五郎左衛門尉、従五位下、治部少輔、大膳大夫。高秀が大膳大夫に補任されたことは、京極氏が公卿につぐ諸大夫に列したことを意味する。家格の上昇である。高秀は幕府内でも細川頼之派として、引付頭人、評定奉行、侍所頭人など幕府要職を歴任した(『花営三代記』)。幕府主流派である。また父道誉以来の出雲・飛騨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

治部少輔高詮

京極高詮(1352~1401)高秀の長男。本名高経。四郎兵衛尉、左衛門尉、検非違使、治部少輔。引付頭人、評定奉行、侍所頭人、山城守護。法名浄高。はじめ六角氏頼猶子となり、幼い満高(亀寿)の後見として近江守護に補任された。  応安3年(1370)8月8日幕府は目賀田信職(五郎兵衛入道玄仙)の訴えにより、福能部式部大夫相続人が近江福能部荘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

治部大輔高光

京極高光(1375-1413)高詮長男。大膳大夫、治部大輔。飛騨・出雲・隠岐守護。近江北郡の分郡守護(軍事指揮権)。侍所頭人。法名高通(道通)。応永10年(1413)には侍所頭人に在職していた。さらに応永16年(1409)から18年(1411)までの間、侍所頭人に再任されていた。  応永15年(1408)足利義満が没すると、幕府は南朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

治部少輔持高

京極持高(1411-1439)高光の長男。幼名吉童子。本名持光。三郎、治部少輔。飛騨・出雲・隠岐守護。近江北郡分郡守護(軍事指揮権)。侍所頭人、山城守護。御相伴衆。応永28年(1421)から応永30年(1423)頃まで叔父高数が侍所頭人を預かり、応永31年(1424)から正長元年(1428)まで持高が侍所頭人であった。  永享5年(1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加賀守高数

京極高数(?-1441)高詮次男。左衛門尉・加賀守。侍所頭人・山城守護。飛騨・出雲・隠岐守護。近江北郡の分郡守護(軍事指揮権)。御相伴衆。法名道統(有統)。応永18年(1411)兄高光の陣代として飛騨国司姉小路尹綱を追討した。応永20年(1413)兄高光が没すると、まだ幼かった甥京極持高(持光)を後見して、応永28年(1421)から応永…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大膳大夫持清(入道生観)

京極持清(1417-1470)高光の次男。母は正親町三条公豊娘。六郎。中務少輔、大膳大夫。侍所頭人、山城守護。飛騨・出雲・隠岐守護。近江北郡分郡守護(軍事指揮権)。近江守護。嘉吉元年(1441)侍所頭人となり、就任してすぐに起きた嘉吉の土一揆で適切な対応をして鎮圧に成功するとともに、徳政令を発布した。文安3年(1445)六角満綱・持綱父…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中務少輔勝秀

京極勝秀(1433-1468)持清の長男。三郎。中務少輔、従五位下。寛正3年(1462)、翌寛正4年(1463)幕府の命で、妹婿畠山政長らとともに河内畠山義就征討の討手として活躍した。寛正5年(1464)、翌寛正6年(1465)足利義政の勝秀邸への御成があった。京極氏家督として、足利義政から期待されていたことが分かる。応仁・文明の乱では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

治部少輔政光

京極政光(1449-1472)持清の次男。四郎、治部少輔。はじめ幕府評定衆を勤めた黒田備前家(佐々木京極流)の黒田清高(備前守)の養子。黒田氏は、京極氏信の三男佐渡守佐々木満信の子孫で、満信の長男が佐渡判官宗氏(導誉の実父)であり、次男が黒田氏の祖四郎左衛門尉宗満である。黒田氏の嫡流は備前守を世襲官途とし、京極氏から自立して幕府奉公衆(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大膳大夫政経

京極政経(1453-1508)持清三男。本名政高。六郎。従五位下大膳大夫。飛騨・出雲・隠岐守護。近江守護。長兄勝秀が没するとその嫡子・孫童子丸が京極氏家督になり、文明2年(1470)には近江守護に補任され、政経が後見となった。しかし文明3年(1471)孫童子丸が没すると、幕府は政経を京極氏家督にした。これに対して次兄黒田政光は異議を唱え…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

中務少輔高清

京極高清(1460-1538)持清末子。あるいは勝秀の子。幼名乙童子丸。六郎。始め秀綱。中務少輔。父持清の没後、京極氏の家督をめぐり兄政経と抗争。文明2年(1470)以降、六角高頼の支援を得た高清が近江北郡を支配し、文明13年(1481)政経と講和した。近江南郡は六角高頼、近江北郡は高清が抑えて、政経は分国出雲に没落した。  しかし幕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

治部少輔材宗

京極材宗(?-1507)政経の長男。吉童子丸。本名経秀。沙々貴神社所蔵佐々木系図・京極家譜では「高秀」。治部少輔。侍所頭人。文明5年(1473)幕府は父政経を近江守護にしたが、政経は北近江を維持できず、文明13年(1481)高清と講和し、分国出雲に没落した。しかし幕府は、近江が旧西軍勢力に支配されていることを嫌い、文明17年(1485)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

六郎高広

京極高広(生没年未詳)高清の長男。母は美濃斎藤利国の娘。六郎。本名高延、高明。父高清が次男高慶を愛したため、高広は弟高慶(五郎・中務少輔・長門守)と京極氏の家督をめぐり対立し、大永3年(1523)宿老上坂信光が高清・高慶父子を擁すると、上坂信光の専横を嫌っていた浅井・三田村・今井・堀ら国人衆は高広を擁立した。この家督争いを契機に国人衆の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

長門守高慶

京極高慶(1504-1581)高清の次男。実父京極材宗(経秀、『京極家譜』では高秀)、実母六角高頼娘。吉童子丸。高佳、高吉と名乗る。中務少輔、長門守。永正5年(1508)祖父政経から飛騨・出雲・隠岐守護を相続した。高清に養われて、始め大原五郎と名乗りました。しかし養父高清から愛されて、大永3年(1523)養父高清・上坂信光に推されて、高…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大膳大夫晴広

京極晴広(生没年未詳)高広の子。大膳大夫。近江・出雲・隠岐守護。天正元年(1573)に京都を追われた足利義昭に従っていたのだろう。天正9年(1581)朝鮮王から勘合の銅印を給付され、天正12年(1584)謝礼のため京極使が足利義昭の書を持して朝鮮に渡り、朝鮮国王李昭に奉じて、答書を得た(『続善隣国宝記』『古文書纂』)。このとき答書の宛所…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

若狭宰相高次

京極高次(1563-1609)高慶の長男。母浅井久政娘。小法師。侍従、近衛少将、若狭守。京極八幡侍従。大津宰相。若狭宰相。永禄11年(1568)織田信長上洛により父高慶引退したため、高次が京極氏家督を嗣ぎ、以後江州衆の一員として行動した。元亀4年(1573)7月には江州衆のひとりとして足利義昭が籠城する真木島城攻めに参加し(『信長公記』…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

修理大夫高知

京極高知(1572-1622)高慶次男。母浅井久政娘。幼名長寿。修理亮、修理大夫、丹後守、侍従。始め織田信澄娘婿。次いで毛利秀頼娘婿。始めの舅織田信澄は、信長の弟勘十郎信勝(系図では信行)の子息であったが、信長の厚遇を得て一族衆に列していた。ついで浅井長政の旧臣磯野員昌の養子になり、天正6年(1578)員昌が六角義堯に応じて出奔すると、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「京極系図」連載完結

「京極系図」を連載して思ったことは、やはり京極氏は鎌倉幕府で引付衆も評定衆を歴任し、室町幕府でも侍所頭人に補任される四職に列しただけあって優等生ということです。京極氏は南北朝期に「ばさら大名」佐々木道誉(京極高氏)を出したため、常識を打ち破り新しい価値観を築いた婆裟羅大名という印象が強いのですが、その道誉にしても実際には武家政権に対して…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more