テーマ:能登畠山氏

能登畠山氏と佐々木氏

 能登にも佐々木氏が多く分布しているが、能登畠山氏は佐々木六角氏と重縁の関係にあり、義綱の奉行人馬淵綱重(彦三郎)は近江六角氏の重臣馬淵氏の出身と考えられる。また六角義賢(承禎)も晩年の一時期を能登で過ごし、自画像を遺している(裏本友之氏所蔵文書)。この佐々木六角氏と能登畠山氏を結ぶのが、羽衣伝説で有名な近江国余呉荘であった。  三河…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more