テーマ:隠岐流佐々木氏

『葉隠』鍋島氏と佐々木氏

『葉隠聞略』六に「鍋島家の御紋のこと」という記事がある。鍋島家の紋は、元来、目結紋であるという。  慶長8年(1603)に、隠居後の鍋島直茂が、徳川家康のお召しにより、江戸に上ったときに、御召船の幕に四つ目結紋をつけた。そのため、直茂の隠居分を継承した小城藩の御召船や武具には四つ目結紋が付けられた。  その後、江戸に滞在していた鍋島…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more