テーマ:原発

福井県敦賀市で原発事故か!?

日本原子力発電(原電)は2日、営業運転中の敦賀原発2号機(福井県敦賀市、加圧水型、116万キロワット)の1次冷却水中で、放射性ガス・キセノン133の濃度が通常値の750倍、放射性ヨウ素133の濃度が同2倍に上昇していると発表した(毎日新聞5月3日0時4分)。直ちに運転停止が必要なレベルではないが、原電は原因究明のために停止する方向で検討…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発にみる産学官の癒着―政治に求められるもの

 政府は経済のことも分かっていないようだ。計画停電を政府がすぐに了承したことは信じられない。しかも対象地域から都内からはずされたことで、生産拠点を近郊に移していた産業界は大きな打撃を受けた。本社機能は在宅勤務でも対応できるのであり、工場が操業停止・減産に追い込まれたことによる日本経済の損失は大きい。さらに影響は国内だけにはとどまらない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風力発電・環境省の試算

 朝日新聞2011年4月22日5時2分のインターネット記事によれば、環境省は21日、国内で自然エネルギーを導入した場合に、どの程度の発電量が見込めるか、試算した結果を発表した。風力発電がもっとも普及できる余地が最も大きく、低い稼働率を効力しても、最大で原発40基分の発電量が見込める結果となった。風の強い東北地方では、原発3~11基分が風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城南信用金庫の脱原発宣言!(改訂版)

 城南信用金庫のホームページに勇気ある脱原発宣言が記されています。地元密着の金融機関である信用機関ならではの勇気ある宣言です。これまで原子力発電所は絶対に安全だといわれてきました。しかし、科学には「絶対」はありません。これは科学者ではなくてもわかることです。政府や電力会社がいくら絶対に安全だといっても、その白々しさは、東京に必要な電力な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more