テーマ:経高流佐々木氏

中務丞経高

佐々木経高(?-1221)秀義の次男。母宇都宮宗綱娘。佐々木次郎。中務丞。中務入道経蓮。父秀義とともに東下。相模渋谷荘司重国の娘婿になる。治承4年(1180)源頼朝の挙兵で、佐々木兄弟は堤信遠を討伐しましたが、このとき経高が堤邸に放った矢が源氏挙兵の一番矢になりました。石橋山合戦でも活躍。以後も頼朝の側近として活躍し、寿永2年(1183…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more