テーマ:歴史

横山氏の系譜―高島七頭(3)

 高島郡横山郷地頭職は鎌倉初期には大江広元であったが、佐々木広綱に譲られた(地蔵院文書)。このことから、佐々木広綱が大江広元の女婿であったことが分かる。広綱の「広」の字は、烏帽子親であり舅でもある広元の一字書き出しであろう。しかし山城守広綱が承久の乱で京方であったことから、乱後に鎌倉方の弟近江守信綱(当時は右衛門尉)に与えられ、それが近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朽木氏の系譜―高島七頭(2)

 朽木氏は、高島高信の次男出羽守頼綱に始まる佐々木出羽家のうち、頼綱の次男出羽守義綱が承久勲功の朽木庄を相続したことに始まる。頼綱は霜月騒動で活躍し、安達泰盛(城陸奥守)追討賞で出羽守を受領した。安達氏の名乗り「城」は出羽介兼秋田城主を意味する出羽城介を世襲したことに由来するため、出羽守補任には特別な意味があるようにも思える。『尊卑分脈…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

越中家(高島)と能登家(平井)の系譜―高島七頭(1)

西佐々木氏(高島七頭)の系譜  近江守護佐々木近江守信綱の次男近江二郎左衛門尉高信は高島郡田中郷を与えられ、その子孫は繁栄して「西佐々木」あるいは「高島七頭」と呼ばれる武士団を形成した。高信の母は長男近江太郎左衛門尉重綱と同じく川崎五郎為重女であろう。為重は比企能員の乱で滅亡したため、母が北条義時女である三男泰綱(六角氏)・四男氏信(…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

永原氏の系譜

 永原氏は『源行真申詞記』に登場する愛智家次の一族という系譜伝承をもつ。愛智家次は近江愛智郡大領愛智秦公の子孫と考えられるが、佐々木荘下司源行真の女婿となることで佐々木一族化した。家次の弟田中入道憲家は、その名乗りから水上交通の要所高島郡田中荘の下司と考えられ、その子孫から守護代楢崎氏と高島七頭のひとつ山崎氏が出ている。沙沙貴神社所蔵佐…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

能登畠山氏と佐々木氏

 能登にも佐々木氏が多く分布しているが、能登畠山氏は佐々木六角氏と重縁の関係にあり、義綱の奉行人馬淵綱重(彦三郎)は近江六角氏の重臣馬淵氏の出身と考えられる。また六角義賢(承禎)も晩年の一時期を能登で過ごし、自画像を遺している(裏本友之氏所蔵文書)。この佐々木六角氏と能登畠山氏を結ぶのが、羽衣伝説で有名な近江国余呉荘であった。  三河…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

南北朝期の越後佐々木加地氏の系譜

 わたしが最近興味をもっているのが、越後佐々木加地氏と隠岐佐々木氏だ。佐々木加地氏に興味をもったのは、鮭延秀綱(愛綱)の子孫大沼氏の系図をみてからである。大沼系図は、ネットで見られる佐々木六角満綱流鯰江氏出身とする鮭延系図とは異なり、佐々木氏の中祖秀義の子真綱から始まり、吉田氏や加地氏、六角氏の人物が登場しながら愛綱に至るというものであ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

河野親清と首藤親清

 河野氏は伊予国越智郡郡司である越智氏の子孫と伝えられるが、通清の父親清は伊予守源頼義の四子三島四郎親清であるという。実は源頼義・義家父子の有力な郎等に首藤資清(佐藤公清の猶子守部氏)があり、その孫が左衛門少尉親清である。資清の子資道(豊後権守)は康和三年(一一〇一)源義家の子対馬守義親が鎮西で反乱を起こしたとき、義家の命を受けて鎮西に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一遍踊念仏と隠岐佐々木氏(5)

 佐々木泰清は、本妻大井太郎朝光女(光長姉)を娶り、さらに正妻葛西清親女を娶ったように(11)、東国の豪族級御家人と閨閥を形成した。泰清は隠岐・出雲守護として、『葉黄記』宝治元年(一二四七)五月九日条に六波羅評定衆として見え、建長四年(一二五二)正月十一日臨時宣で検非違使に補任され、翌五年二月四日賀茂・八幡両社行幸行事賞で従五位下に叙爵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一遍踊念仏と隠岐佐々木氏(4)

 一遍の祖河野通清は平治の乱で一時没落したが、源頼朝の挙兵に呼応して土佐で源希義(頼朝弟)が挙兵すると、通清・通信父子も伊予で挙兵した。『吉記』養和元年(一一八一)八月二十三日条に「伊予国在庁川名大夫通清」が平家に討たれたことが伝聞として記されているが、通信は源義経に従い戦功を挙げて所領を回復している。  伊予守護には、頼朝の伊豆配流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一遍踊念仏と隠岐佐々木氏(3)

 『聖絵』では小田切里の武家屋敷の敷地内に一遍の叔父河野通末の墳墓と思われる盛土が描かれている。「或武士」は、いったん伴野氏が預かった河野通末を引き取った人物であり、河野氏と因縁のある人物と考えられる。そこで資料を探すと、嘉暦四年(一三二九年)鎌倉幕府下知状(守矢文書)に「小田切郷佐々木豊前々司跡」とある(9)。この記事から信濃国佐久郡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一遍踊念仏と隠岐佐々木氏(2)

 『聖絵』巻四第五段では、信濃国佐久郡伴野市庭の一遍・時衆の歳末別時念仏会の際に紫雲が立ち、時衆と周囲の人びとが上空を見て合掌している。しかし一遍は上空に視線を向けず、一人の僧と対峙している。この場面と連続する同一画面の小田切の里の踊念仏場面に、河野通末(通信の三男)の墳墓があり(7)、紫雲はこの小田切の里の場面へと連なる。紫雲に合掌す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一遍踊念仏と隠岐佐々木氏(1)

 『一遍聖絵』(以下、『聖絵』)によれば、信濃国小田切の里で踊念仏が始められた。巻四の第五段に伴野市庭と小田切の里の場面が描かれ、つづく巻五の第一段に大井太郎屋形が描かれている。詞書に従えば、信濃入りした一遍は善光寺を訪れたのち下野小野寺を訪れ、再び信濃入りして小田切の里・伴野市庭・大井太郎館に立ち寄ったという。  しかも信濃の佐久郡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『一遍聖絵』後援者「一人」と『遊行上人縁起絵』作者平宗俊(6)

 『聖絵』と同様に資料価値があるとされている伝記絵巻に、『遊行上人縁起絵』(以下、『縁起絵』)がある。全十巻四十三段で、前半の四巻までが一遍の伝記、後半の五巻から十巻までが真教の伝記となっている。原本は現存せず、鎌倉時代から江戸時代の模写本が二十数本残っているだけである。  それら模写本の詞書から、『縁起絵』作者は平宗俊(真光寺本)あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『一遍聖絵』後援者「一人」と『遊行上人縁起絵』作者平宗俊(5)

 久我通光(一一八七―一二四八)は臨終にあたり、遺産のすべてを後妻三条(西蓮)に譲渡したため、先妻の子どもとの間に所領問題が生じた。通光の嫡子右大将通忠(一二一六―一二五〇)は継母三条に対して割譲を求めたが、後嵯峨上皇の院宣によって、通忠には山城国久我荘を認められただけであり、そのほかの所領は三条が相続した。さらに三条は肥後国山本荘・近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『一遍聖絵』後援者「一人」と『遊行上人縁起絵』作者平宗俊(4)

 これまで後援者「一人」を摂関・太政大臣・右大臣に当てはめていたために、特定するに至らなかったのではないだろうか。そこで発想を変えて、「一人」を不定代名詞「ひとり」という意味で「いちにん」と読めば、土御門定実および大炊御門冬輔など、広く一遍に結縁した有力者のなかに後援者をもとめられよう。両者ともに『聖絵』の登場人物の一人である。とくに大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『一遍聖絵』後援者「一人」と『遊行上人縁起絵』作者平宗俊(3)

 そこで、当時はまだ結婚形態が女系から男系に移る過渡期であり、西日本の系図では女系も重視されたことを念頭におくならば、通成の親族を男系に絞る必要はない。  そのような観点から見れば、中院通成は、太政大臣西園寺実兼(一二四九―一三二二)の正妻従一位顕子の父であり、左大臣西園寺公衡(一二六四―一三一五)や永福門院(伏見院中宮)・昭訓門院(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『一遍聖絵』後援者「一人」と『遊行上人縁起絵』作者平宗俊(2)

 『聖絵』巻七第二段によれば、弘安七年(一二八四)京都因幡堂に移った一遍の許を、土御門入道前内大臣が訪ねて念仏の縁を結んでいる。公家で結縁した最初の人物である。この人物は、土御門通親の孫である内大臣中院通成(一二二二―八六)と考えられる。土御門一門は、藤原道長の女婿であった村上源氏右大臣師房に始まる公家の名門で、院政期に摂関家の対手とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『一遍聖絵』後援者「一人」と『遊行上人縁起絵』作者平宗俊(1)

 『一遍聖絵』(以下、『聖絵』)制作の後援者は、『聖絵』巻十二第三段の詞書に「一人のすすめによりて、この画図をうつし」とある「一人」である。この「一人」について、「いちじん」と読めば天皇であるが、「いちのひと」と読めば摂政・関白であるため、歓喜光寺所蔵『開山弥阿上人行状』にあるように、これまで関白九条忠教(一二四八―一三三二)と考えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大庭氏の家紋―柏紋と鷹羽紋

 隠岐佐々木氏の初代佐々木義清は、頼朝挙兵時に平家方の大将となった大庭景親の娘婿だが、これまで大庭氏の家紋について決定的なものがなかった。紋章学の沼田頼輔は『日本紋章学』(明治書院、1926年、〔復刻版〕新人物往来社)で、大庭氏の子孫と考えられる幕府旗本大場氏(桓武平氏良文流)の家紋、藤丸・一引両・三つ大文字を挙げている。このうち三つ大…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

歴史読本「戦国大名血族系譜総覧」2009年4月号・「六角氏」原稿

概略 六角氏は宇多源氏佐々木氏の嫡流で、鎌倉期から戦国期まで一貫して近江守護であった。このように鎌倉期から守護を維持しえたのは、畿内近国では六角氏のみである。しかも経済の先進地域である近江は一国で地方の数か国に相当した。室町期には将軍足利義満の弟満高を養子に迎え、また将軍足利義教の比叡山焼討ちで満綱が山門領押使をつとめて、嘉吉の土一揆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2008年東大世界史第3問「交通の歴史」

【問題】 世界史ではヒトやモノの移動、文化の伝播、文明の融合などの点で、道路や鉄道を軸にした交通のあり方が大きな役割を果たしてきた。これに関連して、以下の設問(1)~(10)に答えなさい。解答は、解答欄(ハ)を用い、設問ごとに行を改め、冒頭に(1)~(10)の番号を付して記しなさい。 問(1) アケメネス朝ペルシアでは、王都と地…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『葉隠』鍋島氏と佐々木氏

『葉隠聞略』六に「鍋島家の御紋のこと」という記事がある。鍋島家の紋は、元来、目結紋であるという。  慶長8年(1603)に、隠居後の鍋島直茂が、徳川家康のお召しにより、江戸に上ったときに、御召船の幕に四つ目結紋をつけた。そのため、直茂の隠居分を継承した小城藩の御召船や武具には四つ目結紋が付けられた。  その後、江戸に滞在していた鍋島…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『系譜伝承論』出来ました!!

お待たせいたしました。 昨日11月27日に印刷・製本所から思文閣出版に届き、今日11月28日にわたしの自宅に届きました。先行予約していただいた皆様には、来週初めから順次発想いたします。これから注文される方にも送料無料でお送りいたしますので、メールにて連絡いただければ幸いです。  また、『佐々木六角氏の系譜』の出版社在庫がなくなりまし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『系譜伝承論―佐々木六角氏系図の研究』近日刊行 !!

佐々木哲『系譜伝承論―佐々木六角氏系図の研究』 (思文閣出版)は、奥付では11月20日付発行ですが、印刷所から出版社に届くのが11月27日の予定です。見直し作業に手間取ったことと、印刷・製本所の混雑のために公刊が遅れました。予約していただいた方には御迷惑をかけましたが、いよいよ発行されます。著者に直接申し込んでいただいた方には、送料無料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月京都勉強会

11月京都勉強会は、下記のとおり実施いたします。 【日時】  2007年11月11日(日)  12時半~14時半:絵画資料論『洛中洛外図』など  14時半~16時半:『京極氏家臣某覚書抜萃』など         【会費】  一般:3,000円  ※学生は割引 【会場】  キャンパスプラザ京都 5階 演習室  http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『系譜伝承論―佐々木六角氏系図の研究』予約受付

佐々木哲『系譜伝承論―佐々木六角氏系図の研究』 (思文閣出版)が、いよいよ10月刊行されます。わたくし著者に先行予約していただいた方には、送料無料で、刊行しだいお送りいたします。希望の方はメールで連絡願います。追って、申し込み方法を連絡申し上げます。 【内容】 歴史学の進展は常識を疑うことからはじまる。これまで、作為や錯誤が多…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

7月京都勉強会

7月京都勉強会は、下記のとおり実施いたします。 【日時】  2007年7月1日(日)  東大現代文を読む : 13時~14時半  >>2007年東大前期第4問「解釈学と結婚のカタチ」  系図の読み方講座 : 15時~16時半  >>『尊卑分脈』と佐々木系図:鎌倉期の仮称・官位    【会費】 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

6月東京勉強会(改訂2)

6月東京勉強会は、下記の日程で実施いたします。 現在、少人数での勉強会ですので、参加者の皆さんの興味に合わせた勉強会にしております。出席希望者にはあらかじめ目印をお知らせしたいので、記事コメントあるいはメールでご連絡願います。 【日時】 6月3日(日)・24日(日) ◆東大入試で教養講座(13:00~14:50) ①現代文講座…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

5月東京勉強会

5月東京勉強会は、下記の日程で実施いたします。 現在、少人数での勉強会ですので、参加者の皆さんの興味に合わせた勉強会にしております。出席希望者はあらかじめ記事コメントあるいはメールでご連絡願います。 【日時】 ◆5月20日(土)13:00東京ウィメンズプラザ(青山)  ①東大入試で教養講座  ②歴史講座『系図の読み方1』  …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

観音寺城見学会

5月勉強会前日5月5日に観音寺城見学を実施します。 近江観音寺城は近江守護佐々木六角氏の本城で、戦国期最大級の山城で、鉄砲に備えて本格的な石垣も用いています。それまでの城は土塁でしたから、石垣を用いたことは画期的でした。また家臣団が集住し、おびただしい数の郭(曲輪)それぞれが家臣の屋敷になっていました。城下町石寺は、日本で最初の楽市が…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more