研究支援のお願い

当ブログでは多くの質問をいただきます。しかし副業に忙しく十分な回答ができないのが現状です。また回答するのに必要な知識は大切な知的財産であり、その知識を得るのに労力と時間と経費をつぎ込んでいます。大学人であれば国の補助金を受けている大学から研究費を給付されているのですから、その知識には公開の義務もあるでしょう。しかし副業をしなければ生活の成り立たない者が、自らの知的財産になんら価値を付けずに公開あるいは提供することには大きな戸惑いがあります。出版経費についても大学人は研究費で賄えますが、大学人でない場合にはすべて私費になります。
 これまでは質問も情報提供をいただいていると考え、時間はかかっても回答してまいりました。しかし時間も資金もなければ十分な回答はできません。現在では学術出版物の複写でも情報提供料を徴収するなど、若手研究者の知的財産を守る動きが出てきました。企業の知的財産は守られるのに、若手研究者の知的財産が守られないのは大きな矛盾であり、また政治家には個人献金があるのに、研究者には個人による研究支援がないのも大きな矛盾です。
 そこで当ブログでは研究を維持できるよう、みなさまにご協力願えればと存じます。この試みが成功すれば、支援したい若手研究者を育てる方法をひとつ提示できます。
 研究助成いただいた方には、非公開のメールアドレスをお知らせして優先的に回答いたします。時間と資金に余裕ができれば、回答も充実した内容になるでしょう。それとともに副業に当てる時間を削減できましたら、その時間をメールマガジン・機関紙の発行や勉強会等に当てる予定です。

若手家研究者をめぐる現状
 現在の日本における若手研究者は自らの研究の継続が困難な状況にあります。とくに歴史や哲学などの基礎学問は、大学教育の改革における教養科目の減少とともにポストが減り、研究職への就職が困難になっています。これは、現在の文部科学省の大学改革が実学重視のものであり、受験生の減少に直面した大学も将来の展望もないままに志願者が多い分野の拡充を進めているからです。そのため専門知識は得ても就職難に直面する学生も多くいます。
 また、このような実学重視の傾向の中で、大学への官僚の天下りも多く行われています。現場を知っているという名目で天下るのです。文部科学省が進める大学改革で、官僚の天下りポストが増大しているのが現状です。それでは大学の批判精神が失われ、大学自ら既得権益になります。その結果、既得権益の利益になる研究のみ認められて、大学人が御用学者と呼ばれる現象が生じています。
 もちろん若手研究者の就職難はオーバードクターとして、以前から問題視されていきました。そのために大学教員の任期制導入なども進められています。しかし、それは若手ポストのみ任期制にするものであり、すでに終身雇用制で就職している教員のポストはそのまま終身雇用制のままです。任期制導入は骨抜きにされました。大学行政は教授会で行われますが、すでに教授会が既得権益になっているために、自らの収入を減らすような抜本的な改革は行われないのです。
 日本では奨学金制度が十分ではなく、また大学に属していなければ研究助成も受けられません。優秀な若手研究者が常勤職を得られないままに、アルバイトで研究時間を失い埋没していくことは、今後日本が研究開発立国していく上で大きな損失でしょう。
 基礎をおろそかにしては、状況が変わったときにすばやく対応はできません。あくまで現在が求めえているものは現在が求めているものであり、環境が変われば求められるものも変わります。そのような意味で基礎学問をおろそかにすれば、学問の柔軟性も失われます。とくに若手研究者が研究への道を閉ざされるならば、将来の日本の研究開発能力は下がる一方であり、頭脳さえ外国に頼る時代になるでしょう。

個人研究助成の試み
 このような状況の中、応援したいと若手研究者に研究支援できる制度があってもいいのではないでしょうか。若手研究者の育成を国や大学に任せるだけではなく、皆さんの支援で研究者を育てるという仕組みです。しかも大掛かりなものではなく、応援したい研究者に個人的に研究支援するというものです。その試みとして、当ブログで個人研究助成金を試験的に行います。
 当ブログで個人研究支援が成功すれば、若手研究者に見本を示すことができるでしょう。わたしはもう若手といえませんが、このような形で若手研究者に指針を示せればと考えております。

                記

研究支援には上限も下限も設けませんので、気軽にご参加願えれば幸いです。またすでにゆうちょ振替口座を開設しておりますが、みずほ・東京三菱・三井住友銀行にも口座がございますので、問い合わせていただければ口座番号・口座名義等を折り返し連絡申し上げます。

     ゆうちょ振替口座 00150-1-761188
     口座名義 佐々木哲

以上

"研究支援のお願い" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント