朝倉義景

朝倉義景(一五三三-一五七三)六角氏綱の孫。義久あるいは義政(仁木殿)の子。 朝倉孝景の養嗣子。幼名長夜叉丸。本名延景。従四位下、左衛門督。越前国主。
 『朝倉家録』所収の「朝倉家之系図」では、義景が六角氏綱の子息だという異説が記されている。しかし、これまでは氏綱の没年が永正十五年(一五一八)で、義景の生年が天文二年(一五三三)であることから、年代が一致しないと否定されてきた。しかし義景誕生の前年・天文元年(一五三二)十二月に、六角氏と朝倉氏の間で密約が交わされている。これに関連する天文元年十二月二十五日付斎藤五郎左衛門尉宛朝倉教景(宗滴)書状(内閣文庫『古今消息案』)では、密約の内容は記されていないものの、「末代迄」という文言から相当重要な内容であったことが分かる。そして、その翌年に義景は誕生したことになっている。このことから、密約の内容が義景誕生に関するものであることは容易に想像できる。
 実は沙々貴神社所蔵佐々木系図や六角佐々木氏系図略では、義実(実は義久)の次男義頼が若狭武田氏の養子になったと伝えられている。これは、義景が朝倉孝景の正妻若狭武田氏の養子になったことを誤り伝えたものであろう。義景は氏綱の孫と考えられる。
 実際に、朝倉義景の近辺には六角氏被官山内・河端・九里・杉若氏などが見える。天文七年(一五四八)山内丹後入道が越前から若狭に侵入することが、若狭武田氏によって懸念されていることも(『証如上人日記』天文七年九月二十九日条)、その一例といえよう。
 また天文十年(一五四一)朝倉孝景・長夜叉丸(義景)父子の気比神宮遷宮に際して、河端民部少輔が朝倉側の窓口として、幕府側の窓口大館晴光と対面している(内閣文庫『越前へ書札案文』)。河端氏といえば、六角氏綱の次男義政の子息輝綱(兵部丞)が河端氏を称したという系譜伝承があるように、六角氏との関係は近い。
 さらに永禄十年(一五六七)足利義昭の朝倉義景邸御成では、山内六郎左衛門尉・九里十郎左衛門尉が門警固役を勤め、六角氏綱の次男義政(仁木殿)が亭主義景ととも大門外で義昭を迎えて、相伴にあずかっている(『朝倉義景亭御成記』)。義政は義景の後見者として振舞っているのである。しかも門警固をした九里氏は、永禄十一年(一五六八)九月の織田信長上洛戦で、後藤・永田・進藤・永原・池田・平井ら江州衆(六角義秀近臣)のひとりとして足利義昭を奉じている(『言継卿記』)。このように義景の周囲には、多くの六角氏関係者がいた。
 実は義景は近江に多くの足跡を残している。永禄八年(一五六五)足利義輝が謀殺され、弟義昭(一乗院覚慶)が奈良を脱出して近江甲賀郡に逃れたとき、同年八月五日付上杉輝虎(謙信)宛大覚寺門跡義俊副状で、義景の調略で義昭なら脱出が成功したと述べられている(上杉文書)。甲賀郡といえば、甲賀郡信楽郷が仁木氏を称した佐々木義政の本拠地であり、義景・義政が調略をめぐらすことは当然できた。しかも義昭が滞在した甲賀和田城は、六角氏綱の実弟和田高盛(佐々木大蔵大輔)が城主である。
 元亀の争乱では、信長との抗争の始まった元亀元年(一五七〇)に、義景は花押を六角氏様に変更している。同年十二月十五日織田信長との和議で発給された山門三院執行代宛朝倉義景書状案(『伏見宮御記録』:奥野高廣『織田信長文書の研究』に所収)では、「叡山之儀、佐々木定頼の時の寺務等の如く」と明記されており、義景が強く佐々木六角氏を意識していたことが分かる。
 滋賀県竹生島宝厳寺文書には、花押の異なる二通の義景書状がある。一通は、足利義輝から諱字を給付されて「延景」から「義景」に改名直後の十二月十六日付竹生島大聖院宛朝倉義景書状で、もう一通は六角氏様の花押のある六月二日付竹生島大聖院宛朝倉義景書状である。後者の書状では、去年参詣したときの祈願が成就したため太刀を贈ると記されている。元亀元年(一五七〇)志賀の陣での戦勝を祈願していたのだろう。義景書状に寄れば、その太刀は源頼朝から伊予河野氏に給付され、さらに河野氏が祈願成就のため比叡山に寄進し、さらに比叡山から義景に贈られたという。義景と近江の関係の深さを知ることができる。また元亀年間に義景が竹生島参詣していることは、姉川の合戦後も浅井氏が北近江支配を維持していたことを示していよう。やはり姉川の合戦は、六角・浅井・朝倉方の勝利だったと考えられる。
 このように義景自らが近江六角出身であることを強く意識していたため、六角義景が実在したと思われるほど、六角氏様の花押である朝倉義景書状が滋賀県内に残されている。そのため滋賀県和田文書採集の際に、調査官が(元亀元年)十月十五日和田源内左衛門尉宛朝倉義景書状を六角義秀書状と勘違いしたほどだ。調査官は義秀は実在しないという先入観を強く持っていたのだろう。本物の義景書状であるにもかかわらず、義秀と誤読した上で偽書と書き込んでしまったのである(東大史料編纂所和田文書影写本)。しかし、このように歴史学者が義景を六角義秀と勘違いするほど、六角氏様花押の朝倉義景書状が近江にある。
 元亀四年(一五七四)三月佐々木義政(佐左馬)が近江で挙兵すると、義景は近江武士多胡宗左衛門尉に宛て、義政の要害に合力することを約束している(尊経閣文庫所蔵文書)。義景と義政が連携していることが分かる。
 足利義昭が京都を追放されて天正元年と改元された同年(一五七四)八月、朝倉一族・譜代被官の多くが信長方に裏返り、義景は滅亡する。義景が他家出身であれば、自分こそ朝倉の血筋と思っている一族が裏切っていくのも当然といえるだろう。

"朝倉義景" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント