高島高信

佐々木高信(生没年未詳)佐々木信綱の次男。母川崎為重の娘。左衛門尉。父信綱から近江国高島郡田中郷を相続して、高島七頭の祖。嘉禎元年(1235)7月勢多橋の修理のとき、日吉社神人に負役を課したところ神人が拒否。負役に応じるよう強要したことから、延暦寺衆徒との闘争。地頭代多胡兵衛尉が山王社僧を殺害したため、延暦寺衆徒が強訴。高信は豊後に配流されました。
 高信の長男泰信は、佐々木四郎(信綱)の孫の四郎左衛門尉を意味する「佐々木孫四郎左衛門尉」の名で、『吾妻鏡』弘長3年(1263)正月条に登場します。また次男頼綱は弘安8年(1285)の霜月騒動で、安達泰盛追討の賞で出羽守を受領しました。この頼綱の子孫が朽木氏であり、以後朽木氏は出羽守を世襲官途にした。朽木文書には頼盛流平氏の文書が多く残されており、朽木氏が佐々木氏の有力庶子家であったばかりではなく、頼朝の助命を夫清盛に願った池禅尼の子孫で平氏嫡流の頼盛流平氏の名跡を継承していたことが分かります。こうして高島七頭(七佐々木氏)も有力御家人の仲間入りを果たしました。
 また高信の娘は2人あって、2人とも有力吏僚系御家人の二階堂氏に嫁いでいます。1人は出羽家の二階堂義賢に嫁ぎました。義賢は左衛門尉・民部少丞を経て叙爵され、引付衆に列するとともに、伊賀守に補任されて受領となっています。またもう1人の娘は和泉家の二階堂行員(大宰少弐)に嫁いでいます。行員の祖母(父行章の母)は佐々木信綱娘で、しかも行員の妹は六角頼綱に嫁いで頼明を生んでおり、和泉流二階堂氏は佐々木氏との間に重縁を結んでいたことが分かります。高島佐々木氏は庶流とはいえ、有力御家人との間に閨閥を築きました。
 泰信の長男八郎左衛門尉泰氏は左衛門尉に任官し、のちに従五位下越中守に補任されて受領して越中家の祖となり、以後、越中家は越中守を世襲官途としました。
 また次男行綱(佐々木四郎が高島惣領となり、六角宗信が供奉した弘安9年(1286)の春日行幸に、正員の右衛門少尉として供奉。行綱にとってまさに晴れ舞台でした。行綱の娘は京極宗綱の嫡子貞宗(能登三郎左衛門尉)に嫁ぎましたが、貞宗が嘉元の乱で討死してしまった。その結果、京極氏の家督は宗綱の娘婿宗氏(佐渡大夫判官)とその子息高氏(佐渡大夫判官・導誉)によって受け継がれました。行綱のもう1人の娘は、越中四郎範綱に嫁いでいます。行綱の子行信で高島家は断絶しますので、高島惣領の地位は越中家に移りました。越中家が四郎とも八郎とも名乗るのは、高島氏惣領の四郎と、越中家惣領の四郎のどちらも名乗れたからです。
 このように有力在京御家人となった高島七頭は、室町時代にも幕府奉公衆になっていきます。

"高島高信" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント