アクセスカウンタ

<<  2012年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
数字の読み方・世論調査「消費税増税と小沢新党」
 今日は、日経新聞の世論調査をもとに数字の読み方の難しさを論じてみよう。以下に示したのは日経新聞のWebニュースの記事である。私は有料の定期購読者ではないので、無料で見られる部分しか見られないが、これだけでも十分に数字の読み方について論じることができる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/26 00:26
もし私が民主党衆議院議員なら(再掲)
 いま政治が面白い。国会は何でもありの状態になっているが、原子力発電問題や消費税問題で、多くの国民が政治に目覚めつつある。そこで、もし私が民主党衆議院議員ならどう行動するのか、私個人の政治的意見は抜きにして、ゲーム感覚で思考実験をしてみよう。  もし私が民主党の衆議院議員で中間派なら、どう行動するだろうか。国民は反増税が多数である。高所得者層は、消費税が5%だろうが、10%だろうが、それほど生活には影響はない。なぜなら、所得の全部を消費に回すわけではないからだ。ところが低所得者層は貯金する余裕... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/22 23:50
大河ドラマ『平清盛』批判について(改訂)
 大河ドラマ『平清盛』の視聴率が低いと話題になっているが、私はよくできていると思う。ドラマ初期の「高平太」の逸話はさすがに演出しすぎで見るに耐えられなかったが、回を重ねるごとに見応えがある。演出では、松山ケンイチ演じる平清盛が一本調子に見えて、これまでは中井貴一の平忠盛に魅かれ、今は井浦新の崇徳上皇と矢島健一の藤原教長の主従、玉木宏の源義朝に魅かれている。平忠盛の「左様か」という台詞が好きで、最近では「そうか」がわたしの口癖になっているほどだ。  内容では、平清盛の実母は祇園女御本人ではなく妹... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 12

2012/06/05 01:13

<<  2012年6月のブログ記事  >> 

トップへ

恋愛哲学

佐々木哲学校 2012年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる