反捕鯨に対するメモ

 わたしは子どものころ鯨肉を食べたことがあるが、今のわたしは鯨肉を食べていない。将来のわたしもおそらく鯨肉を食べないと思う。それは、海の食物連鎖の頂点にある鯨の脂肪には有害物質が蓄積されていると聞いたからだ。
 それでも、反捕鯨派の人びとの主張には納得できないところがある。それは、鯨の知能が高いことを反捕鯨の理由のひとつに挙げていることだ。そうであるならば、テロに対する戦争のもとで、テロとは無関係な一般市民を殺害した国々に、反捕鯨とは言ってほしくない。イスラームの人びとは鯨よりも劣っているのか。そんなことはないはずだ。
 これに対してかつて日本も戦争をしたではないかと反論されるかもしれない。自分たちとは直接は関係ない過去のことを持ち出されるのであれば、そもそも鯨の頭数が減ったのは、欧米諸国が灯油を得るために鯨を乱獲したからではないかと反論しよう。
 せめて和歌山県太地町のように伝統的に鯨漁をしていた地域の捕鯨は認めていいのではないだろうか。反捕鯨国もイヌイットの伝統的な捕鯨は認めたではないか。
 欧米諸国はいい加減に、自分たちの価値基準が絶対だと思うのはやめてもらいたい。

この記事へのコメント


Subject: 『反捕鯨団体の人達』の 卑劣な行為と論理、そして偽善。
     太地の捕鯨は古来からの伝統です。
                 大昔から続いていることです。

 以下は、NHKテレビを見て、太地の方々へ送信した文です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 拝 啓
 御苦労さまです。
 NHKスペシャルを見ました。
 クジラを取られている方達が ここまで追い込まれているとは少
しも知りませんでした。
 ひどい話です。
 本当に古くからある日本の古来の食文化。
 この文化を『自分たちだけの論理』で踏みにじろうとする反捕鯨
団体の暴力に憤りが湧きます。
 反捕鯨の人達が、「恥ずかしいのだろう」と侮辱的な言葉を言い
ながら実力行使をする。それも、自分たちの立場を美しく見せよう
との正当的に見える様な行為と言葉によって巧みに振舞う、そして、
言い逃れできるように行う悪行為を、また、善人的に行う暴力に
ずる賢さを感じます。
 反捕鯨団体の方達に、『卑劣なのは貴方たちですよ』と声を大きく
して言いたいです。
 また、太地は『古式クジラ漁の発祥の地』で、『あなたの国の歴史
より古いのだ』とも言いたい。
 これにくじけず、伝統の捕鯨を守って戴きたい、頑張って戴きたい
です。
 以下に、この反捕鯨の根本にあるキリスト教について触れます。
 御一読賜りたくお願い申し上げます。       
                          敬 具
尚、下記には『ラ
http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
URL: http://moppo28.blog.so-net.ne.jp
佐々木哲
2011年07月07日 14:36
反捕鯨とキリスト教の関係は有名な話で、わたしも大学院生のときに聞きました。実際に、反捕鯨国の多くはプロテスタントの国です。プロテスタントは聖書を根拠にしますので、聖書に人間が食べて良い動物に鯨が挙げられていなければ、鯨は食べてはいけないと主張する人々はいます。創造論に反するという理由で、進化論に反対する人びともいます。

それに対してカトリックでは、教会の判断が重視されますので、柔軟な場合があります。

しかしプロテスタントの国アメリカであっても、YouTubeのテキサス親父トニー・マラーノさんのように、反捕鯨に反対の人もいます。こんどYouTubeを見てください。痛快です。

ですから、わたしは反捕鯨とキリスト教のことを知っていましたが、わざと記事には記さなかったのです。

それよりも反捕鯨運動が、ヴェトナム戦争の反戦運動が盛んな時期に生まれたことを知っていますか。人びとの目をヴェトナム戦争からそらすために、反捕鯨運動は仕組まれたのです。わたしはそのことの方が重要だと思って、捕鯨と戦争を比較する話をしたのです。シーシェパードの活動時期とアメリカの軍事活動の時期が重なっていると思いませんか?

あとコメントにはURLを張らないでいただけますか。スパムと判断される場合があります。
華瑠紅
2012年02月17日 05:14
私は反捕鯨団体の人達の過激な嫌がらせに我慢なりません

太地町の人達を助けてあげて下さいと貴方のサイトでこんなことをお願いするのはおこがましいコトだとわかっていますが誰か太地町や捕鯨団体の人達を救って下さい
私は今痛切にそう思っています