佐々木哲学校

アクセスカウンタ

zoom RSS プロ野球開幕戦ナイターは中止を!

<<   作成日時 : 2011/03/18 18:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 セ・リーグは選手会の反対を押し切り、予定通り今月25日に開幕するということです。それに対して、パ・リーグは楽天の本拠地仙台が被災したので4月12日まで開幕を延期しました。17日夕方東京が大停電の可能性のなかで帰宅ラッシュを迎えた17時半に、日本野球機構(NPB)事務局の会議室で開幕日程が明らかになりました。開幕3試合は東京ドーム・神宮・ナゴヤでいずれも18:00開始のナイターです。このうち東京ドームと神宮は東京電力管内です。1回のナイターで3,500世帯の1日分の電気を消費するそうです。ということは、7,000世帯の1日分の電気が消費されます。7,000世帯に停電を強要してナイターを実行しようというのでしょうか。Jリーグも試合の延期を決めており、セ・リーグの姿勢が信じられません。やはり「幸福な者の世界と、不幸な者の世界は異なる」のでしょう。
 東京ドームも神宮も計画停電の対象地域になっていないため、やはり電気供給量に対する危機意識がないのでしょう。東京で計画停電があると指令ができないからという意見もあるでしょうが、東京直下型地震を想定した体制があります。実際に、地震直後の内閣総理大臣の会見は都内ではなく立川市の施設でおこなわれました。東京都にも直下型地震を想定した体制があるはずです。東京直下型地震の練習もかねて、非常事態宣言をすればいいのです。福島原発事故は非常事態宣言に相応するでしょう。東京中心部だけが高みの見物できる状況ではないはずです。
 今回の地震では、関東地方の電気をまかなっていた福島原発での事故であり、東京にも責任があります。だから計画停電の対象地域の住民は、1日3時間なら被災地に比べれば恵まれていると考え、我慢しているのです。また、そのことで被災地の人たちとの連帯意識も生まれます。
 都内でも、荒川・足立・板橋・練馬など周辺部は計画停電の対象地域になっています。都内の他の地域でも可能でしょう。都内ではバスなどの公共交通も充実しています。山手線の内側は、都バスが網羅しています。自転車での移動もそれほど苦にならないはずですし、タクシー代もそれほど高くはならないでしょう。
 工業生産の拠点は、むしろ計画停電対象地域である京葉・関東内陸・鹿島臨海工業地域にあるのですから、早い復興を目指すのであれば、特定の地域を守るのではなく平等に薄く制限することが必要でしょう。
 東北地方太平洋沖地震では茨城県や千葉県でも大きな被害を受けているものの、物資は東北地方への支給が優先され、茨城・千葉は後回しになっています。そのため物資は不足がちで、とくにガソリンが不足しています。公共交通機関の乏しい地方での燃料不足は深刻です。断水中の地域もあり、車で給水地点に行く住民が多くいます。東北地方の被害があまりに甚大なため、とくに千葉は被災地という意識は薄く、被災地であるにもかかわらず14日に始まった計画停電で対象地域に含まれたところもあります。公共交通網の充実している東京で、ガソリンの買占めが行われていることが信じられません。
 危機では団結が必要です。いや危機は団結を強めます。危機意識を共有することで目的がひとつになり、間主観性が築かれるからです。そして危機も乗り終えることができるのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

恋愛哲学

プロ野球開幕戦ナイターは中止を! 佐々木哲学校/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる