佐々木哲学校

アクセスカウンタ

zoom RSS 嫉妬しない彼―冷めてしまった彼への処方箋

<<   作成日時 : 2011/02/02 06:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 5

女性の彼に対する悩みに、彼が嫉妬してくれないというのがある。嫉妬してくれない彼に、もしかしたら愛情がなくなってしまったのではないかと心配になるんだ。それに対して彼は、嫉妬しない性格なんだと答えるかもしれない。あなたが同性に相談すると、私の彼も嫉妬しないタイプなんだという返事が来ると思う。

でもね、男性が女性に告白するのは、その女性を自分が独占したいと思うからなんだ。だから基本的に男性は嫉妬深いと考えた方がいい。嫉妬というと、女偏だから女性のものと思われがちだけど、実は男性の嫉妬はものすごく強い。それは小沢一郎問題をみるといい。検察が1年以上もかけて調べても証拠不十分で起訴断念した小沢一郎を、政治家や司法・マスコミが新しい証拠もないのにたたいているのは、まさに男性の嫉妬からだ。職場でも優秀な人物がつぶされたり、リストラされることはよくあるでしょう。出るくいは打たれる、というのはまさに男性の嫉妬のことなんだ。

彼が嫉妬していないとしたら、やせ我慢をしているだけかもしれない。嫉妬していると分かったら、心が狭いと思われてカッコ悪いから、やせ我慢しているんだ。嫉妬しないの?と問われても、自分の弱さを見せたくないから、嫉妬しない性格なんだと答えている可能性が高い。そうならば、いくら彼が嫉妬しない性格なんだと言っていても、それを真に受けてはいけない。彼は内心でものすごく不満を溜め込んでいるかもしれない。心に溜め込んでいる分、いちど爆発したら別れ話まで一気に行ってしまう。これは男女に限らないと思う。普段我慢している人が爆発したら、大変なことになる。ひとつのことを極限まで突き進めていくと一気に反転してしまう。依然やさしかった人が最近起こりぽっくなって来たとしたら、まさに限界に来ているということだ。気づかないと手遅れになる。彼が我慢を重ねているなら、あなたが予測できないほど小さなことでも、一気に爆発する可能性がある。今までなら怒らなかったことで怒り出したら、要注意だ。

無理してひとつのことを推し通そうとすると、必ず抑圧されていた真逆のことが表出する。抑え込もうとすればするほど、強く大きく現れてくる。嫉妬してしまう自分と、嫉妬することで度量がないと思われることをおそれる自分が葛藤し、嫉妬心を押さえ込もうとすると、かえって嫉妬する気持ちが強くなってしまう。だから、彼がやさしいからといって、調子に乗ってはいけない。いつまでも彼に我慢を強いていてはいけないんだ。

もちろん、あなたがきちんと彼に気遣いしているなら、彼の心に余裕がある。あなたのことを信じられるだろう。だけど、もし彼に気遣いしていないなら、彼は不満を溜め込んでいることになる。どちらか判断するのは難しい。これが本質は隠れているということだ。でもね、

彼の嫉妬しないという言葉を額面どおりに受け止めれば、たしかに本質は隠れたままだけど、隠そうとしても本質は必ず現れるものなんだ。やさしかった彼が怒りぽっくなってきたら、実は彼が我慢していたということだし、まだあなたが好きだということだ。だから、きちんと彼のことを気遣ってほしい。彼のことを気遣って、彼が喜ぶようであれば、やはり内心では気にしていたということだよ。

もし彼のことを気遣っても喜ぶ様子がなければ、残念ながら冷めている可能性が高い。あるいは気遣っても、それを当たり前と感じる彼なら、あなたを大切にはできない。

でも冷めているからといって、がっかりすることもない。恋としては冷めているけど、愛としてはあなたをほっとけないと思っている彼なら安心だ。ときめきのある恋愛はもうできなくなっているけど、あなたを大切にしてくれるし、一緒にいて安心できる関係が築ける。恋がいつか冷めるものであるのなら、この状態は理想かもしれない。彼が冷めているなら、彼にほうっておけないと思わせよう。かわいいと思わせればいいんだ。いつもと逆のことをしてね。あなたのちがう側面を見せたら、彼のときめきを取り戻せる可能性も実はある。

結論としては、わたしの彼は嫉妬しないタイプなどと言って油断していないで、しっかり彼の心をつかんでいてほしい。

【男性に一言】
適度に嫉妬しておいた方が、彼女は安心するよ。あまり無理して心が広い振りはしない方がいい。自分も不満がたまって、彼女のことを嫌いになってしまうから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 41
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
あなたは彼の気持ちが薄れているように思えるのですね。それは、あなたが今まで彼の気持ちに応えていなかったからでしょう。

気持ちが対等になっていないと、気持ちは長続きしません。正確に言うと、気持ちの量だけではなく、愛情表現の量も対等でなければ、気持ちは長続きしません。あなたは気持ちの量はたしかに彼よりも多いかもしれません。しかし、あなたの愛情表現が足りません。

あなたは自分の休みの時には自分の時間を大切にしたい。ところが彼が休みの時には自分のそばにいて欲しいと考えています。そうでないと彼の愛情が心配なのですね。でも、これは対等な関係ではないですよね。

あなたは彼の気持ちにきちんと応えていないのに、彼があなたの気持ちを察して行動しないと、あなたは不安になる。これって、彼に一方的に負担を強いていますよね。

彼はあなたのことが好きだから、あなたのことを心配してくれています。自分の休みをつぶしても、自分の仕事を切り詰めても、あなたの気持ちに応えようとしています。そのことであなたは安心して仕事ができる。

そんな優しい彼でも、あなたがきちんと愛情表現をしなければ、あるいはきちんと感謝の気持ちを伝えなければ、ふと二人の関係を疑問に思うでしょう。それが、愛情表現の不均衡による気持ちの崩壊です。

愛情表現の不均衡を感じると、彼はあなたの気持ちを疑い出し、加速度的に愛情が薄れるのです。

気持ちを永続させるには、愛情表現の均衡が必要なのです。「私は彼のことが好きで、彼も私の気持ちを分かってくれている」という状態に安心して、愛情表現に不均衡が生じるとあっというまに彼の気持ちは冷めていくと考えてください。
佐々木哲
2011/08/19 00:38
大変興味深く拝見いたしました!
ありがとうございました。
先生に是非質問させてください。
恋愛初期の段階で、本当に心から愛していて、かつ嫉妬心もない、という状態の男性が存在するでしょうか。
私は今不安の中にいます。
お答えいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
roro
2012/01/06 07:32
roroさんへ

まったく嫉妬しないわけではないと思いますよ。表に出すか出さないかのちがいです。

たしかに嫉妬しない男性はいます。自分の趣味を重視して、自分の世界を邪魔されるのを嫌うため、人間界には淡白という男性です。

また自分が浮気しているために、女性に対しても嫉妬しないという男性もいます。怖いですよね。

しかし嫉妬しない男性の多くは、嫉妬するのが格好悪いと思い、やせ我慢しています。

私は必ず嫉妬するようにしますが、嫉妬するのが格好悪いと思っている男性は多いのです。

一般に男性は、好きな女性が他の男性と話していると実は面白くないものです。普段怒らない男性でも、不満がたまると爆発します。そしたら取り返しのつかない状態になります。

だから私の彼は嫉妬しないのと油断しないで、彼の信頼を裏切らないようにしましょう。

物足りないのは分かりますが、DV男性よりも嫉妬しない彼の方が楽ですよ。あなたも自分の時間がもてるので気軽でしょう。
佐々木哲
2012/01/07 00:49
お答えくださって、ありがとうございました!
お礼のコメントが遅くなってしまって、申し訳ありません!

まったく完全に嫉妬がないというわけではないのですね。

彼はプレイボーイで、ほかの女性とも関係をもっています。
私と出会う前から続いている女性たちと、なかなか関係を切ることができません。
私はそのことでもとても悩んでいます。
彼は一緒に暮らした女性が今までに一人もいなく、私がはじめてのようです。出会ってすぐに同棲しようと言われ、結婚の話もどんどん進んでいます。
彼はいつも私と一緒にいて、一生懸命私を喜ばせようとしてくれます。これだけ見ると、とても愛されているようですが、
でも、彼は浮気をした上に、私に全く嫉妬しないと言います。
完全に理解不能の男性で、私は今、今後のことに躊躇しています。
彼の信頼を裏切らないように努力するのも、相手の浮気を思うと虚しく思えます。

私は今、相手の嘘や浮気を許すことができず、辛くて自分も浮気してしまいそうです。
ここには書ききれないのですが、まったく嫉妬心がないのかどうか、私のことをどう考えているのか、・・・そういったことが見えないと、なかなか判断しずらいことばかりで、ご相談させていただきました。
お答えを下さって本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。
roro
2012/01/18 20:06
roroさんへ

最初から、こういう内容を書いてください。具体的な内容が分かった方が回答しやすいです。

彼が焼きもちを焼かないのは、彼自身が浮気をしているからです。

もちろん浮気をしていても、相手に焼きもちを焼く人もいます。それを愛情だと勘違いする人もいますが、それは愛情ではありません。自分の所有物を他人に取られるのが心配で怒るのです。自己中心的ですね。

その一方で、あなたの彼のように焼きもちを焼かない人もいます。おそらく彼は本当に焼きもちを焼いていません。では、どうして焼きもちを焼かないのでしょう。

彼が過去の女性と切れないのは、彼が優柔不断な性格だからです。あなたに優しいのと同じように、彼は浮気相手にも優しく接しているはずです。過去の女性と切れないのです。

結婚してからも、女性に言い寄られるたびに浮気すると思います。自分に近づく女性に、冷たい態度を取れないからです。そのため過去の女性とも切れずに、そのまま浮気を続けるでしょう。

彼は、あなたに優しいのと同様に他の女性にも優しいのです。優柔不断だからこそ、自分の気持ちを前面に出さず、相手にやさしくできるのです。それが、彼が焼きもちを焼かない理由でもあります。

それでも、彼との結婚話を進めますか。もしかしたら、彼は自分の気持ちも分からないまま、流れで結婚話を進めているだけかもしれません。

「本気で結婚したいなら浮気を止めて」と言ってみてはどうですか。
佐々木哲
2012/01/19 01:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

恋愛哲学

嫉妬しない彼―冷めてしまった彼への処方箋 佐々木哲学校/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる