あれってUFO?

 昨日2月1日火曜日、JR四ツ谷駅16:45発の八王子行き中央快速線に乗って立川に帰った。進行方向西に向かう電車で、左側(南側)のドア脇に立って、夕焼けの富士山を見ていた。席が空いていても、私は座らないことが多い。席に座るとき、その席に座るかどうかは選べるけど、隣の席が空いたときに誰が隣にに座ってくるのかは選べないからだ。だから、今日もドア側に立って、夕焼けの富士山を見ていた。太陽は富士山の右側(北側)に沈んでいった。
 三鷹を過ぎ、武蔵境を過ぎ、東小金井を過ぎ、なんとなく反対側(北側)のドアの窓の外を見ると、とても明るく輝く飛行物体が、日が暮れた濃紺の空に浮かんでいた。人工衛星かなと思ってみていたら、突然消えた。あれってUFO?
 私の家の近く在日米軍基地も航空自衛隊駐屯地もあり、夜間にヘリコプターがライトをつけて飛ぶことはあるので、明るく輝く飛行物体を見ても驚かないけど、突然消えるものを見たのは初めてだ。それも高架の線路の上を走る中央線から見た光景は、濃紺の空にとても明るい光が浮かぶ幻想的なものだった。怖いというよりも、きれいで感動的だった。

この記事へのコメント