佐々木哲学校

アクセスカウンタ

zoom RSS 実年齢と見かけ年齢―本質はどちら?

<<   作成日時 : 2010/05/26 16:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本は実年齢主義だと思う。実年齢と見かけ年齢が違う場合は、実年齢が重視される。就職活動や結婚活動などでも、まず実年齢で制限されることが多い。とくに女性の婚活では、実年齢がものをいう。男性側の言い分としては、子どもがほしいから若くないと困るという。では、そのように言う男性は、女性の肌年齢や血管年齢を気にしたことはあるだろうか。内臓年齢はどうだろう。子どもがほしいというのであれば、実年齢よりも、このような内臓年齢が大切だろう。そして内臓年齢は実は見かけ年齢に比例しているのではないだろうか。内臓が若いかどうかは肌に出るだろう。
 実年齢と見かけ年齢というと、見かけ年齢は「見かけ」だから嘘っぽく見える。それに対して実年齢は一つの物差しで計ることができる。そのため実年齢が本質のように思われやすいが、実は身体の若さはそのまま肌に出る。そうであれば、実年齢よりも肌年齢の方が本質ということになる。男性は実年齢に誤魔化されているといえよう。あるいは単に若い女性が好きなだけだろう。
 わたしたちは、どうしても「本質は隠れている」という妄想にとらわれている。隠れているものが本質であれば、本質であるがゆえに必ず現象として現れる。もし現れないのであれば、それは本質ではない。すくなくとも現在の本質ではない。本質が現れているにもかかわらず、わたしたちが本質を見落とすことがあるとすれば、それは逆説的にも現象を軽視しているからである。本質が現象として現れているにもかかわらず、現象を単なる「現象」と思うからこそ、現象として現れている本質に気づかないのである。
 わたしたちは知らず知らずのうちに言葉にとらわれているといえる。本質とあれば現象は対立するものと考え、本質が現象として現れているとは考えない。見かけ年齢といえば、単なる「見かけ」と思われる。言葉にとらわれるからこそ、本質と現象、内と外、内容と形式は対立するものと考えて、本質を見失うことになる。年齢も健康を気にしてのことなら、実年齢ではなく見かけ年齢を重視する必要があろう。
 女性にとって30歳は大きな壁だろう。さらに40歳はさらに大きな壁だろう。では29歳と30歳でそれほど大きな差があるのだろうか。39歳と40歳でそれほど大きな差があるのだろうか。実際にはないだろう。それを気に病めば身体にも影響が出て大きな差となって現れるだろうが、気にしなければ大きな差は出ないはずだ。29歳と30歳、39歳と40歳に大きな差があるように思えるのは10進法で考えるからだろう。しかも10進法は人間が考えた規則であり、身体とは直接関係がない。10進法にとらわれることこそ本質を見失っていよう。
 身体の健康が肌に出ることは、女性であれば分かっていることである。早く日本が見かけ年齢を重視する社会になってほしいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

恋愛哲学

実年齢と見かけ年齢―本質はどちら? 佐々木哲学校/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる