佐々木哲学校

アクセスカウンタ

zoom RSS 2005年東大前期・世界史第1問「負の遺産と現代世界」

<<   作成日時 : 2006/09/09 02:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 3

人類の歴史において、戦争は多くの苦悩と惨禍をもたらすと同時に、それを乗り越えて平和と解放を希求するさまざまな努力を生みだす契機となった。
 第二次世界大戦は一九四五年に終結したが、それ以前から連合国側ではさまざまな戦後構想が練られており、これらは国際連合など新しい国際秩序の枠組みに帰結した。しかし、国際連合の成立がただちに世界平和をもたらしたわけではなく、米ソの対立と各地の民族運動などが結びついて新たな紛争が起こっていった。例えば、中国では抗日戦争を戦っているなかでも国民党と共産党の勢カ争いが激化するなど、戦後の冷戦につながる火種が存在していた。
 第二次世界大戦中に生じた出来事が、いかなる形で一九五〇年代までの世界のありかたに影響を与えたのかについて、解答欄(イ)に一七行以内で説明しなさい。その際に、以下の八つの語句を必ず一度は用い、その語句の部分に下線を付しなさい。なお、EECに付した( )内の語句は解答に記入しなくてもよい。

  大西洋憲章    日本国憲法   台湾
  金日成       東ドイツ     EEC(ヨーロッパ経済共同体)
  アウシュヴィッツ パレスチナ難民


【解き方】
 第二次世界大戦中のパワーゲームは、その後の世界に対して大きな影響を残した。むしろ、そのときのパワーゲームに寄り添うように、戦後世界は形作られたと言っても過言ではない。そのありようについて、キーワードを使って論述していこう。
 使用するキーワードは「大西洋憲章」「日本国憲法」「台湾」「金日成」「東ドイツ」「EEC」「アウシュヴィッツ」「パレスチナ難民」だ。これを時代順に地域ごとに並べ替えると、まず第二次世界大戦中に連合国側で練られた世界構想である「大西洋憲章」、東アジアは「台湾」「金日成」「日本国憲法」、ヨーロッパは「東ドイツ」「EEC」、パレスチナ問題は「アウシュヴィッツ」「パレスチナ難民」となる。
 まず、「大西洋憲章」だ。ここで、大西洋憲章から米ソ対立まで記述する。
 大西洋憲章とは、一一九四一年八月、戦争が拡大する中で、アメリカ大統領ローズヴェルトとイギリス首相チャーチルが大西洋上の軍艦で会談し、発表した戦後秩序構想だ。これにはソ連のスターリンも賛成したことで、四五年にはサンフランシスコ会議で国際連合が成立した。しかし、ソ連の行動に疑念を抱いたトルーマン米大統領によって、四七年ソ連に対する封じ込め政策(トルーマン=ドクトリン)が打ち出されると、米・ソの対立は決定的になり、冷戦が開始された。
 つぎに、「台湾」「金日成」「日本国憲法」を使用して、東西冷戦に巻き込まれた東アジア情勢をみよう。
 日本軍が撤退した後の中国では国共の対立が再燃し、国共内戦が起こった。その結果、共産党が勝利して中華人民共和国(北京政府)が成立した。中華人民共和国は、ソ連と友好同盟相互援助条約を結び、蒋介石の国民党は台湾に亡命して中華民国(台北政府)を建てた。
カイロ宣言で独立を約束されていた朝鮮は北緯三八度線を境に米ソによって分割占領された後、金日成を初代首相とする北朝鮮と李承晩を初代大統領とする韓国に分裂した。
 また、事実上アメリカ軍の単独占領下におかれた日本では、日本国憲法の制定など民主的改革が進められた。やがて朝鮮戦争の勃発後、日本はサンフランシスコ平和条約と日米安全保障条約を結び西側陣営に組み込まれた。
 つぎに、「東ドイツ」と「EEC」を使用して、東西冷戦に巻き込まれながらも、米ソとは独自の路線をいったヨーロッパ情勢をみよう。
 米英仏ソの分割占領下におかれたドイツは、ソ連によるベルリン封鎖を経て、四九年ドイツ連邦共和国とドイツ民主共和国(東ドイツ)に分裂した。西ドイツは五四年パリ協定で主権を回復し、NATOにも加盟した。大戦中の仏独の対立への反省から、マーシャル・プランで復興した西欧は五八年、ローマ条約にもとづいてEECを結成した。西欧六か国(フランス・西ドイツ・オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・イタリア)によるEECの結成は、米ソに対抗する第三の経済圏の形成を目指し、今日のEU成立への歩みの出発点となった。
 最後に、「アウシュヴィッツ」と「パレスチナ問題」を使用して、現在もつづく中東問題を記述する。
 ナチス政権成立後、ユダヤ人移民の流入が激増していたパレスチナでは、パレスチナ人が武装抵抗運動で移住を阻止しようとしたが、統治能力を失ったイギリスは問題の解決を国連に委ね、一九四七年国連はパレスチナ分割決議を採択し、翌四八年にはユダヤ人によるイスラエル国家が成立した。これに反発したアラブ諸国連盟は軍事行動を起こし、パレスチナ戦争(第一次中東戦争)が勃発した。そしてイスラエルが分割案の一・五倍の面積の国土を確保した結果、大量のパレスチナ難民が発生し、今日まで中東政情を不安定なものにさせている。

以上の内容を、指定字数内でまとめるだけだ。

【解答例】
第二次世界大戦中ローズヴェルト米大統領とチャーチル英首相は大西洋憲章で平和構想を発表し、ソ連も賛成した。一九四五年国際連合が成立したが、ソ連に疑念を抱いたトルーマン米大統領がソ連封じ込めを宣言したことで冷戦が始まった。中国では内戦が始まり、共産党が勝利して中華人民共和国が成立し、国民党は台湾に亡命して中華民国を建てた。独立を約束されていた朝鮮も、金日成の北朝鮮と李承晩の韓国に分裂した。日本では日本国憲法の制定など民主化がすすめられ、朝鮮戦争勃発後サンフランシスコ平和条約と日米安全保障条約で西側陣営に組み込まれた。もう一つの敗戦国ドイツは、米国に対抗したソ連によるベルリン封鎖で西ドイツと東ドイツに分裂した。しかし仏独の対立が大戦を引き起こしたことの反省から、西欧六か国によるEECが結成され、今日のEUの基礎になった。しかし今日も世界を不安定にしている問題にパレスチナ問題がある。ナチス政権によるアウシュヴィッツ虐殺が始まるとユダヤ人移民の流入が激増して、地元のアラブ人と対立した。国連はユダヤ人のイスラエル建国を承認したが、アラブ諸国は反発して中東戦争が始まり、パレスチナ難民も生まれた。今日も中東政情を不安定にしている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
1950年代までと指定があるので、パレスチナ難民のところは減点はされないけど現在までっていうのはいらないかなと思います。
名無し
2015/02/13 23:34
ご指摘ありがとうございます。
佐々木哲
2015/02/13 23:44
noirchat
2016/01/11 17:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

恋愛哲学

2005年東大前期・世界史第1問「負の遺産と現代世界」 佐々木哲学校/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる