佐々木哲学校

アクセスカウンタ

zoom RSS 『東大入試で遊ぶ教養−日本史編』刊行!!

<<   作成日時 : 2006/08/08 00:54   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

歴史好きの大人と東大受験生のための佐々木哲著『東大入試で遊ぶ教養−日本史編』(長崎出版)が、ついに刊行です。また、マイナーだけど実はすごい佐々木氏・六角氏をその実力どおり具体例にしましたので、佐々木氏・六角氏マニアの方が読んでも楽しめます。紀伊國屋屋書店・三省堂書店・ジュンク堂・丸善・オリオン書房など、有名書店では店頭にあります。分類は人文・歴史ですが、書店によっては受験コーナーにあります。インターネットではアマゾン・BK1などで購入できます。最寄りの書店・セブン-イレブンでも、ご注文できます。個人で購入されるほか、ご近所・学校の図書館に希望図書として依頼していただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

判型:A5判 253頁
定価:1,800円(税込1,890円)
初版年月:2006年08月
ISBN:4-86095-133-6

東大入試で遊ぶ教養 日本史編
佐々木 哲著
長崎出版 (2006.8)
通常24時間以内に発送します。


【内容】
問題を解きながら、自分が持っていた日本史の常識をうちやぶっていくのが東大入試問題。それを使用しながら、古代から現代までの日本史の常識をやぶる楽しさを味わい、しかも大学教養レベルの実力までついてしまうという欲張りな出来上がりです。ちょっと深く考える「東大力」をつけ、通りいっぺんの雑学では知ることが出来ない歴史の面白さを知ってください。

【目次】
@中国は蛮国!? 古代日本の外交戦略
A実力で栄華をつかんだエリート官僚・藤原氏
B摂関政治と結婚のカタチ
Cスケールがでかいぞ海国平氏
D新しい宗教を生んだ鎌倉時代の時代精神
E鎌倉時代の秘密を解くキーワード「関東」と「関西」
F同じ名称なのに役割が違う鎌倉守護と室町守護
G士農工商はなかった!? 武士と農民は同じ階層
H日本と中国を天秤にかけた貿易立国・琉球の事情
I天皇制を守り続けた江戸幕府と女帝の誕生
J農民の独立と自治の成立を促した「家」制度
K勤王派徳川幕府の歴史認識と国際感覚
L江戸幕府にはなくてはならない蝦夷地の役割
M成熟し、自立した国家の証「鎖国」
N文明開化の象徴だった鉄道敷設
O「日本人は米食民族」という常識のウソ
P第一次世界大戦で台頭する日本・警戒する米国
Q世界恐慌後の最強日本資本主義
R大変革をもたらした二大土地改革
S三権分立が徹底しすぎた明治憲法の悲劇

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
とても分かり易いうえに専門知識が満載で、大人でも十分に楽しめる一冊でした。今後の刊行にも期待しております。
佐々孫左衛門
2006/08/11 17:07
多くの大人の方にも読んでいただきたい本ですので、刊行してすぐに感想を頂き本当にうれしく思います。

今後とも応援をよろしくお願い致します。
佐々木哲
2006/08/11 17:20
初めまして、昨日同書を手にとらせていただきました悩める受験生です。東大の日本史は独学が非常に難しく、かと言って赤本の解答に中々納得できていなかっただけに、目から鱗といった感じでした。これからもガンガン更新していただいて、解説を参照していただけたらと思います。あと一つ質問なのですが、知識があまり必要ないといわれる東大日本史ですが、佐々木さんのも含め、どの解説を読んでもとても受験生が一人で集めるのには絶望的な参照が多く、こぅいったものはどのように蓄積したらよいのでしょうか。やはり過去問をある限り解くのが良いのか、それとも何か本にあたる必要もあるのでしょうか。できれば具体的なアドバイスをいただけたらと思います。
Megao
2006/08/17 02:15
拙著『東大入試で遊ぶ教養』では、【解き方】と【解答例】が受験用です。【解き方】を読んでいただければ分かるように、東大論述は、教科書レベルの知識でも推論していけば解けるようになっています。

もちろん東大は、普段から本を読んでいる学生が欲しいので、本当は研究者が書いた教養本を読む必要があります。『体系 日本の歴史』(小学館)、『日本の歴史』(中公文庫)、『日本史講座』(東京大学出版会)、『日本史リブレット』(山川出版社)などです。

しかし、受験生では読む時間がないので、知識のない分を考える力で補うのです。東大日本史では必ず現代語訳された資料がありますので、それを見て推論するのです。実は、東大はそのように資料から推論できる学生が一番欲しいのです。ですから教科書・用語集・資料集(現代語訳)で、歴史的に推論できる力を養ってください。

もし知識面でももっと力が欲しいというのでしたら、分厚いですが、『詳説日本史研究』(山川出版社)がいいです。東大論述対策では、とても役立ちます。私も参照していますし、大学院受験の東大生もよく使用しています。



佐々木哲
2006/08/17 11:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

恋愛哲学

『東大入試で遊ぶ教養−日本史編』刊行!! 佐々木哲学校/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる