2005年東大前期・日本史第二問「北条泰時消息文」

次の文章は、鎌倉幕府執権北条泰時が、弟の六波羅探題重時に宛てて書き送った書状の一節(現代語訳)である。これを読んで、下記の設問A・Bに答えなさい。

この式目を作るにあたっては、何を本説(1)として注し載せたのかと、人々がさだめて非難を加えることもありましょう。まことに、これといった本文(2)に依拠したということもありませんが、ただ道理の指し示すところを記したものです。(中略)あらかじめ御成敗のありかたを定めて、人の身分の高下にかかわらず、偏りなく裁定されるように、子細を記録しておいたものです。この状は、法令(3)の教えと異なるところも少々ありますが、(中略)もっぱら武家の人々へのはからいのためばかりのものです。これによって、京都の御沙汰や律令の掟は、少しも改まるべきものではありません。およそ、法令の教えは尊いものですが、武家の人々や民間の人々には、それをうかがい知っている者など、百人千人のうちに一人二人もおりません。(中略)京都の人々が非難を加えることがありましたなら、こうした趣旨を心得た上で、応答してください。
(注)(1)本説、(2)本文:典拠とすべき典籍ないし文章
  (3)法令:律令ないし公家法

設問
A 「この式目」を制定した意図について、この書状から読みとれることを、二行以内で述べなさい。
B 泰時はなぜこうした書状を書き送ったのか。当時の朝廷と幕府との関係をふまえて、四行以内で説明しなさい。

【解き方】
これは資料問題だ。しかし受験生の全員が歴史研究者になるわけではないから、現代語訳された資料で問うている。いい問題だ。この問題で問うているのは、資料を正確に読む力だ。歴史の問題で、このようにあらゆる分野に通じる資料読解力を問うところがいい。
まず書状のなかに「この式目」とあることから、御成敗式目に関するものだとわかる。泰時が弟である六波羅探題北条重時にあてた書状だから、六波羅探題に式目制定の事情を説明しておく必要があったのだろう。
A 泰時消息文の内容を見ると、第一に「あらかじめ御成敗のありかたを定めて、人の身分の高下にかかわらず、偏りなく裁定されるように」とあるように、平等で公平な裁判制度を目指していたことが分かる。第二に「これといった本文に依拠したということもありませんが、ただ道理の指し示すところを記したものです」とあるように、手本にしたものはなく、ただ道理に基づいたものであると記されている。もちろん泰時は右大将家(頼朝)の例も参考にしている。しかし先例をそのまま使用したのではなく、相矛盾するものは泰時の判断で適切なものが選ばれた。泰時は道理にもとづいて主体的に制定したのである。そのため泰時は、ただただ道理にもとづいたものであると主張している。
この消息から、泰時が武家独自の法制度をつくろうとしていたことがわかる。しかも、その武家法は道理にもとづいたものであり、理不尽なものではない。手本としたものもなく、ただ道理にもとづいたものと強調する理由は、公平な法令であることの強調だ。泰時が目指していたものが、武士が理想とする道理にもとづいた公平な社会の実現だったことが、この消息文でわかる。
B 泰時が御成敗式目を制定したのは、承久の乱の直後だった。当然、幕府が法律を制定するとなると朝廷はとうぜん警戒する。泰時はその警戒心を解こうとしていた。そのことは泰時消息文でわかる。「京都の御沙汰や律令の掟は、少しも改まるべきものではありません」と書き送っているからだ。
泰時は「もっぱら武家の人々へのはからいのためばかりのものです」と、武家社会のみで適用されることを強調している。このことで朝廷を尊重していることがわかる。では朝廷を尊重しているのに、どうして律令の系譜をひく公家法と異なる武家法をつくる必要があったのだろうか。その理由はすぐわかる。「法令の教えは尊いものですが、武家の人々や民間の人々には、それをうかがい知っている者など、百人千人のうちに一人二人もおりません」と言うのである。御家人や民間の人々のほとんどは律令や公家法を知らない。だからこそ、かれらを対象とした法を制定する必要があるというのだ。そして「京都の人々が非難を加えることがありましたなら、こうした趣旨を心得た上で、応答してください」と弟重時に述べているように、朝廷との交渉に際しての説明・応答の便宜を図ろうとしている。京都側の警戒をとくことに懸命だ。
これらのことを理解してもらいたいからこそ、泰時は朝廷との交渉役である六波羅探題に宛てて書状を書いた。しかも弟重時はこの内容を理解できる人物であった。この後、公武二元政権は軌道に乗る。

【解答例】
A 公家法を理解できない御家人のために、道理にもとづいた公平な法律をつくり、朝廷から自立した武家社会の確立を目指した。
B 承久の乱で勝利したことで幕府は、皇位継承に干渉して朝廷より優位に立ち、西国にも勢力をのばした。しかし北条泰時は公武二元論に立ち、御成敗式目が武家社会に限定されることを強調して、朝廷側の警戒をといた。

この記事へのコメント

あーや
2008年07月10日 16:33
わかんナーい
佐々木哲
2008年07月11日 13:15
困りましたネ。
ぬーぬー
2009年05月23日 21:31
とてもおもしろいです。
こういうのが「東大入試で遊ぶ教養日本史」につまっているのでしょうか。
佐々木哲
2009年05月23日 22:36
ありがとうございます。
『東大入試で遊ぶ教養』では、詳しい説明「歴史の勉強」も掲載しています。もし興味を持っていただけたのなら、今度刊行される増補改訂版の2刷を購入された方が良いと思います。かなりの訂正をしていますので。
書記長
2010年11月28日 03:47
もっとも、東大の新田一郎氏は「律令や公家法を知らない。だからこそ、かれらを対象とした法を制定する必要」という趣旨から、御成敗式目は武家法の確立よりも公家法の要点を取り込んで御家人を法の無知によるトラブルから救う意図があったという新説を唱えられています。受験には直接関係ない話ですが。
佐々木哲
2010年11月28日 10:20
コメントありがとうございます。

その通りだと思います。御家人の保護が鎌倉幕府の役割であり、北条氏はそれを守りました。それが義時以来、北条氏が信任されていた理由です。

ですから、あなたのコメントが「もっとも」で始まる理由が分かりませんが。