今後の京都講演会について

昨日12月23日に予備講演会を実施しました。滋賀・岐阜・愛知が大雪で、私が乗車した新幹線も1時間6分遅れました。そのため参加者も少なかったのですが、連載『東大入試で哲学』の読者が参加されたことは有意義でした。そのため、京都講演会でも哲学講演会を実施することにしました。第1部(13時~15時)を歴史講演会、第2部(15時~17時)を哲学講演会にいたします。
 テキストは、歴史講演では現在印刷中の『佐々木六角氏の系譜』を、哲学講演では東大現代文を使用します。最初のうちは参加者が少ないでしょうから、ゼミ形式にして参加者の皆さんの質問に多く答えるというスタイルにしたいと思います。
 日程は、毎月第2日曜日に開催することにします。まずは2月12日に実施し、3月12日、4月9日、5月14日、6月11日と続きます。


この記事へのコメント