佐々木哲学校

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐々木哲学校・開校準備中

<<   作成日時 : 2005/10/20 03:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

来春から勉強会を開きたいと考えています。内容は単なる教養講座ではなく、受講生のみなさんの研究や仕事に役立てることを目指す実践的なものを考えています。歴史学であれば、受講生の皆さんがご自分で新しい発見ができるように、哲学であれば、受講生の皆さんが仕事や日常生活で発想の転換ができるようにしていきます。分野は歴史学と哲学に分けます。歴史学はこのブログを訪問される方の多くの方が期待されている系図学講義です。哲学講義は、まず「東大入試で哲学」を考えています。実は、大学入試問題を読むということは、短時間で新しい考えを獲得できる方法のひとつなのです。ですから@東大を目指す受験生だけではなく、A実践哲学を学びたい大人にも最適な講座です。
 歴史分野では、実証歴史学に社会経済史・文化人類学・記号論の見方を入れた新しい歴史学方法論を用いての、系図研究講座を考えています。もちろん系譜伝承を研究するための歴史学基礎、家紋研究、絵画資料論の授業も予定しています。系図を持ち込んでの質問もできるようにいたします。系図・家紋に興味を持っている方、新しい歴史学の手法を知りたい方、歴史学が実は暗記科目ではなく刺激的な学問であることを知りたい方には、とても興味深い内容になるはずです。考え方中心に授業を進めますので、入門レベルから論文作成レベルまで対応できます。また受講生が研究発表できるように機関誌をつくることも計画しています。
 哲学分野では、はじめは「東大入試で哲学」から始めますが、大人の受講生が増えれば、仕事や生活に役立つ実践哲学も講義します。哲学はもともと、常識を疑い新しい発想を促すための学問であり、大哲学者の学説を読む文献学とは異なります。ここでは、本来の哲学に戻り、身近なものに驚くこと・常識を疑うことから始めます。具体的には、広告・マーケティングや科学技術を題材にした発想の転換の方法、社会問題を考える臨床哲学について論じます。仕事・研究で発想の転換をしたい方に最適です。
 現在開校する場所を探している最中です。大学の教室が使えるようでしたら大学を会場にしますし、提供者がいらっしゃればお言葉に甘えます。
 最初は東京で開催しますが、私が近江(現滋賀県)の守護大名佐々木氏・六角氏の研究をしている関係で、歴史分野では関西にも希望者がいらっしゃると思われますので、場所が確保できれば京都でも開校したいと考えています。
 ご意見ご要望がありましたら、お知らせ下さい。また希望者の方は、問い合わせ先にご連絡ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
京都でも開校を考えておられるとのこと、設置準備等で協力させて頂きたく思います。具体的には会場設定など、費用等も御座いますでしょうから、公的な場所をお借りすればと思います。ちなみに拙宅の前にラボール京都があり、
30人の部屋で午後で6930円夜間7770円全日17115円となっております。他に京都駅近くならば大学コンソーシアムの会議室もあります。

堀尾岳行
2005/10/20 13:56
関西で開催の場合は、移動費用との兼ね合いがありますが、月に一度は開催したいと考えておりますので、ご協力願えれば幸いです。
佐々木哲
2005/10/20 15:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

恋愛哲学

佐々木哲学校・開校準備中 佐々木哲学校/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる