佐々木哲学校

アクセスカウンタ

zoom RSS 近江守信綱

<<   作成日時 : 2005/05/14 01:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

佐々木信綱(一一八一−一二四二)定綱の四男。母は新田義重娘(沙々貴神社所蔵佐々木系図・六角佐々木氏系図略)。本妻は川崎為重娘(『尊卑分脈』)。正妻は北条義時の娘(沙々貴神社所蔵佐々木系図・六角佐々木氏系図略)。左近衛将監、右衛門尉、左衛門尉、検非違使、大夫判官、近江守、従五位上(『吾妻鏡』『尊卑分脈』)。沙々貴神社所蔵佐々木系図では左衛門佐とするが、検非違使叙留を左衛門佐任官と誤り伝えたものであろう。
 正治二年(一二〇〇)十月後鳥羽院が近江柏原庄地頭弥三郎為永の討伐を宣下したものの、柏原為永は逐電、翌建仁元年(一二〇一)五月九日信綱が誅伐した(『吾妻鏡』)。賞与として柏原為永の館と領地が信綱に給付された。この柏原館が、こののち信綱の四男氏信に始まる京極氏の本拠となった。
 建仁三年(一二〇三)九月比企能員の娘婿であった舅川崎為重(中山五郎)が比企能員の乱で滅亡すると(『吾妻鏡』)、信綱は舅川崎為重の本領武蔵国川崎荘を継承し、さらに北条義時の娘と再婚した。信綱は東国豪族級御家人になったのである。
 建暦元年(一二一一)九条道家の推挙で左近衛将監に直任した。摂関家九条家との結び付きは父定綱以来である。兄広綱が後鳥羽院を根拠に家格を上昇させたのに対して、信綱は九条家を根拠に家格を上昇させていくことになる。
 建保四年(一二一六)三月後鳥羽院と将軍源実朝の舅であった坊門信清が没すると、三月二十六日信綱は足立八郎元春とともに東使として京都に派遣された(『吾妻鏡』)。信綱が東使を勤める有力御家人であり、しかも朝幕間の交渉を期待されていたことが分かる。これは、信綱が九条殿家礼であったためであろう。
 承久三年(一二二一)四月十六日右衛門尉に補任された。これは信綱の軍事力も後鳥羽院に期待されていたということだろう。しかし翌5月に始まる承久の乱では、信綱・重綱父子は東国御家人として北条泰時・時房軍に合流、宇治川の戦いでは先陣を駆けた(『吾妻鏡』『承久記』)。信綱が九条殿家礼であり、当時の鎌倉殿が九条頼経であることを考えれば、信綱が鎌倉方であったのは当然といえよう。承久の乱の功績によって、信綱は近江国佐々木豊浦庄・和邇庄・堅田庄・栗太北郡などの領地を得た。このうち佐々木豊浦庄は、文暦二年(一二三五)七月七日尾張長岡庄と替えている(『吾妻鏡』)。また信綱は、承久の乱で処罰された兄広綱に替わって近江守護に補任された。在京御家人と東国御家人に分離した佐々木氏が、再び信綱のもとに一本化されたことになる。
 貞応元年(一二二二)十月十六日信綱は左衛門尉に転じ、嘉禄二年(一二二六)正月八日信綱は鎌倉殿九条頼経の将軍宣下と叙位奏請のための東使を命じられ、十一日に鎌倉を発った(『吾妻鏡』)。二十三日に上洛している(『明月記』)。二十四日に一条亭、二十五日に西亭に参候して馬を献じ、二十六日関白近衛家実に謁して、将軍宣旨のことを申請した。このとき頼経の源氏改姓の可否が問題になっている。正月二十九日頼経の源氏改姓は許されなかったが、将軍宣下はあり、また正五位下右近衛少将に補任された(『明月記』)。信綱は春日社に参詣して、二月十三日には鎌倉に帰参している。十四日信綱は御所に召されて、御剱を給付された。
 頼経の将軍就任を契機に信綱の昇進があり、翌年の嘉禄三年(一二二七)十一月十一日に検非違使を兼任し、さらに安貞二年(一二二八)十二月二十六日には従五位下に叙爵され大夫判官になった。
 寛喜三年(一二三一)正月二十九日後堀河院中宮藤原竴子(九条道家娘)の御産御祈として三万五千疋を寄進した功で、近江守を受領した(『関東評定伝』『明月記』)。このとき誕生したのが四条天皇である。近江守護と近江守を兼ねた信綱は、実質上の近江太守となった。貞永元年(一二三二)正月三十日に従五位上に加級された。これら一連の昇進は九条家との結び付きの強さを示している。
 幕府内での地位も上昇し、天福二年(一二三四)正月九日幕府評定衆に列したが、同年七月二十六日には出家して、本仏、経仏、さらに虚仮仏と名乗った。さらに嘉禎二年(一二三六)九月五日評定衆を辞職している(『吾妻鏡』)。
 仁治元年(一二四〇)十月信綱は北条政子の菩提を弔うため、和泉国八田郷地頭の得分のうち毎月米一石を永代高野山金剛三昧院に寄進した。忌日の十一日に一昼夜の念仏のための仏供燈油と供養僧四八人の僧供料に充て、余ったときは蓮華三昧院の寺用に充てることを幕府に申請している。蓮華三昧院は叔父佐々木高綱が建立した寺であり、父祖および叔父の菩提を弔うためであった(高野山金剛三昧院文書)。こののち信綱は蓮華三昧院に住して仏道を専修している。
 信綱の娘はいずれも豪族級東国御家人に嫁いでいる。評定衆土屋宗光の子息光時、評定衆二階堂行方、評定衆長井泰秀、千葉氏惣領の千葉胤綱である。このうち長井泰秀は大江広元の孫で、足利義氏とともに将軍九条頼経の政所別当に就任している。
 仁治三年(一二四二)三月六日高野山蓮華三昧院で信綱は没した。享年は六十二歳であり、法号は天源寺殿春山公である。また御霊社は老蘇鎌宮であり、第一座が鎌神、第二座が御霊であるという(沙々貴神社所蔵佐々木系図・六角佐々木氏系図略)。
 しかし信綱後の相続問題に北条氏が介入し、佐々木氏が分断された。第一段階は、北条氏に気がねした信綱が、本妻川崎氏の子息重綱・高信を冷遇し、正妻北条氏の子息泰綱・氏信を厚遇したというものだ。長男重綱は承久の乱で功績があったものの廃嫡されたため遁世、次男高信は近江高島郡田中郷のみを与えられた。これに対して三男泰綱は佐々木氏惣領職と近江守護職・南近江・川崎荘・京都六角東洞院館、四男氏信は北近江・京都東京極高辻館を得た。ここで、佐々木氏が六角流と京極流に分断された。
 相続問題の第二段階は、長男重綱が三男泰綱を訴えて近江坂田郡大原荘を獲得したというものだ。北条氏は訴訟を果実に、頼朝以来の将軍側近で、九条殿家礼でもあった佐々木氏の勢力を削ぐのに成功した。こうして信綱流佐々木氏は、長男重綱流の大原氏、次男高信流の高島七頭、三男泰綱流の六角氏、四男氏信流の京極氏に分かれた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
四兄弟がそれぞれ相続した領土の割合は、何対何だったのでしょうか?。0.5×0.5×5×4くらいかなあ。

2008/01/28 18:11
母方の祖母が佐々木信綱から続く家だと聞き、恥ずかしいことに、それまで名前すら知らなかったので少し勉強してみようと思って、このブログにたどり着きました。こんなに詳しく書いてあるなんて、嬉しいです。
junjun
2008/10/05 13:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

恋愛哲学

近江守信綱 佐々木哲学校/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる