隠岐流佐々木氏

佐々木兄弟の五男義清(五郎左衛門尉・出雲守・隠岐守)の子孫は、隠岐・出雲の守護職を世襲して有力御家人として地歩を固めました。両国守護職は義清の長男政義(太郎左衛門尉)が継承しましたが、無断出家により所職・所領を没収。替わって次男泰清(隠岐次郎・隠岐判官・信濃守)によって継承されました。泰清は奥州惣奉行葛西清親(左衛門尉・伯耆守)の娘婿となり(尊卑分脈・続群書類従・沙々貴神社本)、有力御家人と閨閥を形成して自らも六波羅評定衆に列しました。官位も検非違使に補任され、さらに従五位下に叙爵されて大夫判官。また信濃守にも補任されました。以後、義清流(隠岐流)佐々木氏も検非違使を世襲官途にします。
 泰清の子息のときに義清流佐々木氏は二流に分かれ、次男時清(隠岐二郎左衛門尉・信濃二郎左衛門尉・隠岐判官)は隠岐守護職を継承して隠岐流佐々木氏の祖となり、三男頼泰(大夫判官)は出雲守護職を継承して塩冶氏の祖となりました。
 時清は、安達盛長の子孫で代々引付衆を勤めた大曽禰氏の惣領上総介長経の娘を娶り、引付衆・評定衆に列して、東使を勤めるなど幕府要職を歴任しています。隠岐流佐々木氏が六波羅評定衆から鎌倉評定衆へと昇格したことが分かります。幕閣に列した隠岐氏は東国武士との間に積極的に姻戚関係を結びながら、有力東国御家人化していきました。時清の妻の兄大曽禰宗長や叔父義泰は、弘安8年(1285)の霜月騒動で殺されたが、時清は評定衆であり続けて隠岐氏の地歩を着実に固めました。しかし嘉元3年(1305)の嘉元の乱で、時清(入道阿清)は反乱軍である北条宗方と合戦して相打ちとなっています。
 この嘉元の乱では、時清の甥後藤顕清(信濃二郎左衛門尉)も討死にしています。顕清の父六波羅評定衆後藤基顕(信濃守)は時清の実弟で、六波羅評定衆後藤基政の養子となっていました。後藤氏は秀郷流藤原氏で血筋は外様御家人であったが、吏僚系御家人としての経歴をもち、養父基政(壱岐守)は引付衆・六波羅評定衆を歴任、養祖父基綱(判官・佐渡守・玄蕃頭)は恩沢奉行・評定衆・引付衆を歴任しています。佐々木泰清が六波羅評定衆に列していたときに、子息基顕を同僚後藤基政の養子にしたのでしょう。
 嘉元の乱では、隠岐流佐々木氏の関係者3人、時清とその甥後藤顕清、さらに時清の嫡子宗清の小姑(妻の兄)京極貞宗が討死しています。隠岐氏と京極氏がともに北条得宗家に接近していたことが分かります。
 時清の嫡子宗清(豊前守)は、評定衆京極宗綱(能登守)の娘婿となっています(『続群書類従』や沙々貴神社本)。『尊卑分脈』は時清の妻としますが、年代的にはあいません。やはり宗清の妻でしょう。
 このように隠岐氏は、佐々木一族や有力東国武士との間で閨閥を固めていました。ただし、この閨閥の中には佐々木氏惣領六角氏は含まれていません。このことは六角氏が次第に鎌倉と距離をとっていったことと関係があるでしょう。
  宗清の嫡子清高(隠岐判官・隠岐前司)も引付衆に列して、東使を勤めました。佐々木一族の中で鎌倉幕府末まで幕府中枢にあったのは、この隠岐氏と京極氏でした。
 塩冶氏は、泰清の三男頼泰(塩冶三郎左衛門尉)に始まります。子貞清(左衛門尉・出雲守)、孫高貞(塩冶判官・隠岐守)と出雲守護職を継承されました。高貞は『仮名手本忠臣蔵』で浅野内匠頭長矩を仮託された人物であり、著名です。
 また泰清の四男義泰(富田四郎左衛門尉)は大原重綱の娘を娶っています。その子息師泰(佐々木佐渡入道如覚)は建武新政権で雑訴決断所三番(東山道担当)寄人に列しています(『雑訴決断所結番交名建武元年八月』続群書類従三十一輯下)。さらに孫秀貞(富田判官・美作前司)は南北朝期に美作守護となりました。やはり有力御家人です。
 このように義清流佐々木氏の閨閥を見ると、佐々木氏の一族どうしで姻戚関係を結び、一族の団結を強固にしていたことが分かります。

この記事へのコメント

握仏人型
2005年07月03日 13:20
高貞の後、高貞の弟の家系が出雲国に残ったときいたことがあります。塩冶貞慶のときに尼子経久の子・興久によって追放され、といわれているようですが、このくわしいいきさつをご存じないでしょうか?
また、経久が一時富田城を追放された折、後任守護代として塩冶掃部介という人物がはいったとされていますが、この人物はなんという名で、どういった人物なんでしょうか?
不躾で失礼ですが、ご存知でしたらお教えください。
佐々木哲
2005年07月04日 01:08
塩冶氏については現在調査中で、詳しくはお答えできませんが、たしかに京極氏や山名氏の守護代に塩冶氏が見られます。また尼子氏や南条氏が塩冶高貞の子孫だという説もあります。資料で確認できましたら、ホームページ(ブログ)で公表いたしますので、しばらくお待ち下さい。
握仏人型
2005年07月04日 08:54
ありがとうございます。
塩冶氏についての記事、楽しみにしております。
こ~にゃん
2005年08月08日 15:46
10行目「長男時清」、12行目「次男頼泰」とあるのは、「二男時清」、「三男頼泰」が正しいのでは?長男は「義重」だと思いますが…。また「塩谷氏」は「出雲国神門郡塩冶郷」より出ているので「塩冶氏」の方がよろしいかと思いますが。
佐々木哲
2005年08月09日 02:46
ご指摘ありがとうございます。他の箇所ではきちんと書いていたのに、ご指摘のと箇所ではケアレス・ミスをしてしまいましたね。
こ~にゃん
2005年08月19日 02:21
hpすばらしい内容ですね。楽しみに拝見させて頂いております。
南条氏が塩冶高貞の次男という説は「羽衣石南条記」の説ですよね、南条氏って出自を無節操にころころ変えていて、かなり怪しいと思いませんか?
あと先日「尾張国諸家系図」に佐々木義清「久安四戊辰二月十八日誕生、文暦元甲子四月二日寂」という記述をみつけたのですが、こんなにちゃんと分かるってやっぱり、ハッタリですかね?
佐々木哲
2005年08月20日 01:47
コメントありがとうございます。
南条氏が塩冶高貞の子孫という説について確証はありませんが、否定もできません。いまのところ、高貞の子孫で無理はないというのが私の率直な意見です。
南条氏は佐々木氏とも平氏とも名乗りますが、実は小田原北条氏の家臣に、佐々木氏の子孫を名乗る南条綱良(伊豆南条氏とは別流)がいますが、彼は北条氏綱から平朝臣姓と「綱」の字を給付されているようです。現在調査中ですが、南条氏が平氏を名乗ったのはこのためだと考えられます。
また系図の記述についてですが、一般的に詳しく書かれているほど信憑性は薄まるものです。
実は、私は系譜の記述を信用していません。系図の記述を作業仮説にして、資料と付き合わせるという研究スタイルをとっています。
こ~にゃん
2005年08月21日 00:15
平治の乱の後、佐々木秀義が相模国高座郡渋谷庄に
移ったのであれば、「久安四年誕生」の説は十数年
ぐらい時代が早すぎますね。やはり「資料と付き合わせるという研究スタイル」じゃないと駄目ですね。「塩冶氏・南条氏」の研究も期待しておりま
す。
佐々木哲
2005年08月21日 01:02
ありがとうございます。義清流の研究に早く取りかかり、成果を公表していきたいと思います。
握仏人型
2006年04月09日 15:33
こんにちは。ぶしつけですが質問をさせていただきます。室町時代、塩冶氏は幕府奉公衆として守護権限の外に置かれたそうですが、奉公衆は将軍の直臣であって守護権限は及ばなかったと聞きました。ということは出雲守護・京極氏の支配下には置かれず、塩冶氏の基盤である出雲国塩冶郷も守護権限は及ばなかったという見解で正しいんでしょうか?
佐々木哲
2006年04月10日 02:30
『永享以来御番帳』では三番に塩冶三河守・塩冶四郎左衛門尉が記され、『文安年中御番帳』でも三番に塩冶五郎、詰衆に塩冶四郎左衛門が記されています。室町幕府奉公衆に塩冶氏はいました。
奉公衆塩冶氏の所領には守護京極氏の権限が及ばなかったと考えて差し支えないと思われます。塩冶氏惣領は在京し、庶子家が在地支配を行っていたようです。

アンチョウ
2007年03月15日 19:00
初めまして。
隠岐守義清の長男政義についてお教えください。
その四男政春、(西村氏と改称)につながる妻の実家の系図があるのですが詳しいことを調べる方法はありませんか?
佐々木哲
2007年03月20日 01:06
返事が遅れて申し訳ございません。

義清の長男政義の四男政春については、『尊卑分脈』のほか、沙沙貴神社所蔵佐々木系図にも記されていませんので、残念ながら系図の上から調べることはできません。

系図研究では必ずいえることですが、上から調べて現在に至ることができるのは、公家や名門武家など、よほどの名家に限られます。江戸期の大名家では、家系が不分明な家が多くあります。

実家の系図があれば、そこに記された人物の事績を当時の資料・記録と照らし合わせながら確認していくほかありません。

もしよろしかったら、一度は意見させていただきたいと存じます。
アンチョウ
2007年03月22日 14:28
コメント有難うございました。
来月沙沙貴神社に行きますので何かヒントを得る事が出来き、発展ががあればまたお教えを頂くことがあると思いますのでその折はよろしくお願いします。
佐々木哲
2007年03月23日 00:28
沙沙貴神社に行かれるのでしたら、同神社所蔵佐々木系図の写しを購入されるといいでしょう。
山本
2018年03月17日 09:23
文治年間の隠岐の国守は、後白河法皇の近習である、宇多源氏源仲国である。遙任の国主に代わる在庁官人は、(出雲)大社神主資忠(総検校職)である。なお、仲国の父光遠と弟である仲兼は近江の国守である。鎌倉幕府の設立後、隠岐守、近江守は、源頼朝の御家人である、宇多源氏佐々木秀義の子孫が世襲をしていくことになる。
山本
2018年12月01日 11:45
【菖蒲佐々木氏】大塚家系図によれば、金田則綱(古河公方家臣)は、六角満高の子孫で、1455年に菖蒲城を築城した。その後、氏綱、顕綱(近江守)、定綱、頼綱(信濃守)と続き、頼綱の代で北条氏の旗下となり、1564年に武州笠羽田に5百貫の地を拝領した。佐々木哲先生によると、菖蒲佐々木氏は隠岐流である。根拠として、①菖蒲佐々木氏が名乗っている近江守や信濃守は、隠岐流佐々木氏が名乗っていること。②菖蒲佐々木氏は六角(金田)満高の子孫とされているが、隠岐流佐々木氏である佐々木信濃三郎左衛門尉が1378年に若宮八幡宮社参での御調度訳六角満高の代官を勤めており、隠岐氏が六角氏の代官として関東に下った可能性があること。③「後鑑」によれば1385年鎌倉公方の側近に、隠岐流佐々木氏と目される佐々木近江守(隠岐守)基清がいること。(清は隠岐流佐々木氏の通字)などを挙げている。ところで、ベストセラー「のぼうの城」和田竜に登場する酒巻靱負は、軍学者で、忍城主(行田市)の成田家家老である。また、埼玉県史によれば酒巻氏は元々地元の有力者である。酒巻靱負は、菖蒲佐々木氏の一族の可能性がある。大塚家系図によれば、1395年、金田友綱は六角(金田)満高の子で須賀(行田市)に住した。金田満高の兄弟は、大塚(熊谷市)、千代(江南市)、坂巻(行田市)に住し、それぞれの地名を姓とした。系図上の六角満高は誤伝と考えられるが、金田の兄弟の伝承は、あながち間違いとは言えないのではないか。
山本
2019年01月27日 12:56
隠岐・出雲流佐々木氏の通字は「清」であるが、「清」は、葛西氏の通字である「清」に由来すると推測される。隠岐・出雲流佐々木氏の初代は、佐々木義清であり、義清の母は渋谷重国の娘である。渋谷氏は、同族(秩父平氏)である葛西氏と重縁にあった。渋谷重国の妻は奥州総奉行である葛西清重の娘であり、渋谷重国の父である重家の妻は、葛西清重の父である豊島清元の姉妹である。なお、隠岐・出雲流佐々木氏の二代目である泰清の妻は、葛西清重の嫡男である清親の娘である。なお、秩父平氏は、桓武平氏の坂東平氏系一門で秩父氏を直系とする諸氏族である。初代の平将恒は、武蔵介・平忠頼と、平将門の娘・春姫との間に生まれた。秩父平氏は平将門の女系の子孫でもある。直系の秩父氏は「武蔵国留守所総検校職」に就いたことで武蔵国の在庁官人のトップとして、国内の武士を統率・動員する権限を持っていた。隠岐・出雲流佐々木氏は、渋谷重国の縁により、秩父平氏等の東国有力武将との間で閨閥を固めることができた。そして、鎌倉時代以降、戦国時代末期まで、東国においても有力武将として活躍してきた。
山本
2019年04月30日 20:56
【➀佐々木義清家臣の長井斎藤氏】隠岐の都万の斎藤家(代官屋)は、家伝によると、平家物語で有名な斎藤実盛(長井別当)の子孫を称している。隠岐の郷土史家の故吉田侑氏によると、都万の斎藤家は、佐々木義清に付随してきた5武将の一人である斎藤氏の子孫と考えられる。(佐々木義清の後裔、頼清は都万の地頭である。)また、隠岐の大久の斎藤家(庄屋)は、家伝によると、出自は不明ながら、隠岐氏の家臣の子孫を称している。これらの伝承から、佐々木義清の家臣に斎藤実盛の一族がいた可能性を考え、検証を行った。斎藤実盛の子孫である長井斎藤氏の家譜によれば、長井斎藤氏は秩父平氏葛西氏と重縁を結んでいる。斎藤実盛の娘が豊島康家の妻である。豊島康家の嫡子である葛西清光の娘が、斎藤実盛の孫である斎藤実利の妻である。また、実利は、斎藤実盛と秩父孫四郎平重勝娘の嫡孫である。このように、斎藤実盛の一族は、葛西氏と重縁を結んでおり、同じく、葛西氏と重縁を結んだ佐々木義清の一族である隠岐流佐々木氏(20190127記)とも浅からぬ関係にあったと推測される。佐々木義清の家臣に斎藤実盛の一族がいても不思議ではない。なお、佐々木義清の兄である、佐々木盛綱の家臣に斎藤実盛の嫡孫にあたる長井斎藤景忠がいる。
山本
2019年04月30日 20:58
【②佐々木金田氏と長井斎藤氏】長井斎藤氏は、上武境目の城である御嶽城の城主として活躍した。(御嶽城のある御嶽山は、麓にある武蔵二宮の社格を誇る金鑚神社のご神体と言われる。金鑚神社のように本殿がない古い祭祀の形態を残している神社は他に諏訪大社、三輪神社のみである。)太平記19巻によれば、建武4年、北畠軍が利根川において足利軍と合戦した際に、先陣争いをした斎藤実永兄弟が溺死したが、北畠軍を勝利に導いた勇敢な戦いぶりについて、さすが斎藤実盛の子孫と称えられたという。斎藤実永は、斎藤実盛の6代の後裔である。また、斎藤実盛の11代の後裔である、斎藤実家の妻が、菖蒲城主佐々木金田氏の娘(古河家官女金田氏)である。金田氏は佐々木義清の後裔である(20181201記)。なお、「斎藤別当実盛伝」(奈良原春作著)によると「斎藤館は、妻沼町の大我井の地・白髪神社の東方にありて、実盛の祖父実遠が着任し館を築き、実遠入所以前からあった酒巻氏の館であったので、酒巻氏を家司とした。」とある。この酒巻氏は丹党の一族であり、佐々木金田氏の系図に記載がある酒巻氏は佐々木金田氏の一族が丹党酒巻氏の養子となったことを示唆している。

山本
2019年05月04日 17:09
【騎西城の佐々木氏】文明3年(1471年)の「鎌倉大草紙」によると、「古河に野田、関宿に簗田、私市(騎西)の佐々木、其の他那須・結城」とあり、当時、騎西城の城主は佐々木氏であった。注目すべきは、騎西城の佐々木氏が、古河公方の重臣である、野田氏や簗田氏と並び称されるほどの存在であったことである。この佐々木氏は金田佐々木氏と考えられる。金田氏系図によると友綱の事跡に「忍ノ旗下武蔵国騎西尾(小)田正達ト云者ヲ討取ル」とある。これは、公方足利成氏の古河移座(享徳4年、1455年)に際し、成氏側についた金田氏が、上杉方に属した騎西城の小田氏を討ち取ったことを指すと考えられる。金田氏は、この時の功績により栄達し、騎西城、菖蒲城(金田氏系図によれば享徳5年、1456年)の城主となったと考えられる。その後、騎西城には小田氏が復権した。金田氏の出自について、佐々木哲先生によると、隠岐流佐々木氏である佐々木信濃三郎左衛門尉(佐々木信濃守秀清の子)が、永和4年(1378年)に若宮八幡宮社参での御調度役六角満高の代官を勤めており、六角氏の代官として関東に下り、その一族が金田佐々木氏を称した可能性を示唆されている。(20181201記)尊卑分脈において、六角満高の祖父である時信を金田殿と記載している。なお、金田氏は、鎌倉奉行衆である佐々木近江守基清の嫡流ではない。鎌倉奉行衆の嫡流には、政氏の側近として活躍(那須文書によれば永正9年、1512年)した、佐々木近江守政清がいる。(「基」は鎌倉公方足利基氏からの、「政」は古河公方足利政氏からの一字拝領)ところが、金田氏系図に該当する人物を見出すことができない。
山本
2019年05月19日 07:46
至徳年代(1384~1386)の都万の地頭について、都万の高田神社や天健金草神社の伝承では佐々木次郎左衛門広有とされるが、佐々木次郎左衛門頼清が正しいと考えられる。高田神社縁起紺表紙本には至徳年代の地頭として佐々木次郎左衛門頼清と記載され、丹表紙の方では佐々木次郎左衛門広有と記載されている。紺表紙本が成立した当時の姿を原装のまま伝えるテクストであるのに対し、丹表紙本は慶長四年(1599)に来島した浄土僧信誉によって書写され、元和元年(1615)に奉納されたものである。紺表紙本の記載が正しいと考えられる。なお、太平記によると、建武元年(1334)に隠岐次郎左衛門広有が怪鳥を退治した話がある。隠岐次郎左衛門広有は、尊卑分脈によると、藤原北家長良流で、宇多源氏佐々木氏流ではない。