佐々木哲学校

アクセスカウンタ

zoom RSS 三郎兵衛尉盛綱

<<   作成日時 : 2005/04/04 15:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 29

佐々木盛綱(?-1216)秀義の三男。母源為義の娘。本名秀綱。佐々木三郎。左兵衛尉。父秀義とともに東下。はじめ相模波多野義常の許に寄寓しましたが、父秀義の命で長兄定綱とともに源頼朝に近侍。頼朝の乳母子安達盛長を烏帽子親に元服。盛綱と名乗りました。
 治承4年(1180)源頼朝の挙兵では、はじめ加藤次景廉・堀藤次親家らとともに頼朝の側近にありましたが、頼朝の命で伊豆目代山木兼隆攻めに加わり、加藤景廉とともに兼隆の首を獲りました。石橋山合戦でも活躍。元暦元年(1184)備前藤戸合戦で馬では、備前国児島に籠城した平行盛を藤戸の海路を渡り破るなど、その後も活躍。
 文治元年(1185)の守護・地頭設置で、上野国磯野郷・越後国加地荘などを得るとともに上野・越後・伊予守護に補任。越後・出羽地方を管掌しました(『吾妻鏡』建久2年10月1日条)。建久元年(1190)奥州藤原泰衡を滅ぼし上洛する源頼朝に、盛綱は俣野箭一腰を進上しました。これは源頼義が前九年合戦で勝利して帰洛するときに携えていたものと同様のものでした。盛綱が武家故実に詳しかったことが分かります。建久5年(1194)2月14日に頼朝に生鮭2を献上していますが、これは領地越後加地荘でとれたものでしょう。建久6年(1195)3月の東大寺供養および4月の源頼朝上洛では、定綱・経高・盛綱・義清兄弟が供奉。このとき「佐々木三郎左兵衛尉盛綱」と呼ばれており、このときまでに左兵衛尉に任官していたことが分かります。
 建久10年(1199)1月源頼朝が没すると、側近であった盛綱は出家して西念と号しましたが、3月22日将軍頼家によって所職を没収。上野国磯部郷に隠退しました。しかし建仁元年(1201)越後国城氏の乱で盛綱が鎮圧に当り復権。建仁3年(1203)盛綱は兄経高(中務丞)・甥重綱(高綱の長男、左衛門太郎)とともに後鳥羽院の院宣を奉じて延暦寺堂衆を追討。元久2年(1205)京都守護平賀朝政追討でも、甥広綱(定綱の長男、左衛門尉)・高重(経高の長男、弥太郎)とともに討手となり、京都警固に当たりました。
 建保3年(1215)10月10日には、守護人北条氏とともに越後国の検断(軍事・警察)を担当するように命じられました。盛綱流佐々木氏は守護正員ではなかったものの、守護正員北条氏とともに検断を担当する立場にあったことを示しています。越後・出羽地方における盛綱の影響力を無視し得なかったのでしょう。以後、越後では盛綱流佐々木氏が栄えることになります。
 承久の乱(1221)では、盛綱の次男盛季(小三郎左兵衛尉)が、定綱の長男広綱(山城守)、経高(中務入道経蓮)・高重(太郎判官)とともに京方に参加。一方、盛綱の長男信実(佐々木兵衛太郎)は幕府方に参加しました。
 次男盛季が左衛門尉に任官しているにもかかわらず、長男が左兵衛尉盛綱の長男を意味する仮名「兵衛太郎」のままなのは、信実が父盛綱から勘当されていたためでした。建久元年(1190)7月20日営中の双六御会で、頼朝の相手をしていた父盛綱の傍らで見ていた信実(当時15歳)を、後から来た工藤祐経が抱いて退け、信実の席に座したため、信実は拾ってきた石で工藤祐経を負傷させたのです。頼朝は怒り、信実は出家して逃亡。しかし盛綱は工藤祐経にも責があると主張、工藤祐経も宿意をもたなかったため、信実も父盛綱からの勘当で済みました。しかし勘当されて関東にいたため、かえって承久の乱では幕府方に参加することになったのです。
 信実は、北条義時の次男名越朝時とともに北陸道の大将になりました。北陸道では越中以西が京方の勢力範囲であり、越後が幕府方の拠点でした。そこで越後の検断を担当していた盛綱流佐々木氏の信実が、北陸道の大将になったのです。信実は越後での京都方深勾氏を追討しましたが、これが承久の乱での幕府方の一番矢です。この戦功で信実は備前守護に補任され、子孫佐々木加地氏によって、幕府滅亡まで守護職を維持しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(29件)

内 容 ニックネーム/日時
 佐々木盛綱(寛文年間の島津家の資料で鬼塚氏が佐々木四郎秀綱の子孫とありますが、盛綱のことっぽいですが?)の子孫が野村氏を称し、日向に下向していますが、島津家の資料に野村氏は日向伊東氏の家臣から、島津家臣になった家ですが、この伊東氏は工藤氏の子孫です。上の記事をみると、どえらい因果をかんじます。
立山源次郎
2007/12/29 13:04
 以前、大山綱良の先祖を佐々木盛綱の子、康綱の子孫といいましたが、盛綱の子に康綱がいないので、「元帥公爵 大山巌」(尾野実信著)で調べなおしたら、大山綱良は佐々木盛綱の後裔、康綱の子孫とあり、このことだと思います。同書に大山家は3系統いるそうです。
 1;佐々木行綱の子孫、大山兵部少輔友綱の系統、大山巌家はこの系統。
 2;佐々木盛綱の子孫、民部少輔康綱の子孫。大山綱良はこの系統。
 3;佐々木行綱の7世孫、大山主馬佐綱行の子孫。一説、佐々木定綱の5男、大山藤次実定の子孫
 
道下熊助
2008/01/14 16:15
源頼朝が没すると将軍側近であった佐々木兄弟は苦境に立たされます。盛綱も守護を取り上げられましたが、勘当されていた信実が承久の乱で活躍したため、守護家に復帰し、子孫も栄えています。日向・薩摩にも地頭として盛綱流佐々木氏が栄えたのでしょう。ただし系図には誤伝も多いので、系図記述を鵜呑みにするのではなく、資料に基づいて研究することが必要だと思います。
佐々木哲
2008/01/19 22:36
 ご教示ありがとうございます。やはり、私もそのように思います。大山巌の祖先については野村氏の子孫と言う説もあるそうです。なお、鬼塚氏を佐々木秀綱の子孫と載っていたのは、薩摩藩主島津綱貴が寛文9年に作らせた、「諸家大概」という資料です。
立山源次郎
2008/01/26 10:24
初めまして、九州・熊本在住の野村と申します。
祖父の家にあった家系図と家紋の関係を調べていて、こちらのサイトにたどり着きました。

その系図によると、先祖は元々は佐々木姓で近江国から日向の方に移って来たことなどが書いてありました。
代々の家紋は「隅立て四つ目結」です。

まだちょっとネットで調べただけですが、やはり先祖は近江発祥の野村氏なのかな?とか
今の滋賀県のどの辺にいたのか、なぜ九州に来たのかなど、
かなり興味が深まりました。

また佐々木氏全体の流れというものも、野村氏の系統に限らず興味が出てきたので、
時間のあるときにもっとちゃんと勉強して調べてみたいと思いました。
沙沙貴神社という所にもいつか是非行ってみたいと思います。
野村肥後人
2009/07/11 03:10
盛綱の次男盛季(小三郎左兵衛尉・左衛門尉)が近江国野村郷を領したことから、野村氏が始まりました。

盛綱の長男信実は勘当されていたため、盛季が嫡男として在京御家人として京都に出仕していました。しかし承久の乱で、盛季は佐々木広綱・経高らとともに京方であったため、盛季の子盛蓮は出家し、さらに日向国諸縣郡に四ヶ所の所領があったことから日向に下向しました。盛蓮の長男頼親は踏切郷・村角郷を領し、六男光盛は伊東祐光の養子になりましたが後に帰家し中村を領し、七男光秀は佐土原を領しました。

このうち光盛の孫信盛は肥後国楠郷を所領を得たと伝えられます。
佐々木哲
2009/07/13 12:44
こんばんは、貴重なお話ありがとうございます。
日向に下向した野村氏は京側だったために、承久の乱後は下向せざるを得なかったということですね。
その後、子孫達が日向から九州の他の地域に広がっていったと考えて良さそうですね。

我が家の系図は今手元にないのですぐに確認は出来ないのですが、
近いうちに詳しく見なおそうと思います。
去年見て以来なのでうろ覚えですが、
宇多天皇を祖とする佐々木氏の子孫である事、近江から日向の国に移ったことなど載っていました。

ところで、今の滋賀県内には「野村」という地名が4カ所ありました。
野村氏の発祥の地域としては「近江国野村郷」とのことですが、
ネット上には「近江国浅井郡野村庄」という表現もありました。これは同じ地域と捉えて良いのでしょうか?
浅井郡という地名は現在の琵琶湖北東部あたりのようで、現在の長浜市野村町あたりが野村郷(庄)なのかなと思いました。
野村氏発祥の地もいつか行ってみたいので、ちょっと気になりました。
野村肥後人
2009/07/16 01:40
東浅井郡野村郷が名字発祥の地のようですが、野洲郡や栗太郡にも野村という地名があり、東浅井郡と同系の野村氏が居住していました。野村氏の移動とともに野村という地名も付けられたと考えられます。

また、この近江野村氏を継承したと思われる六角氏流の野村氏もあります。六角満綱の庶子久綱の子孫と伝えられます。

このように野村氏は承久の乱後にいちど日向に居住しましたが、主流は鎌倉御家人として復帰して近江に戻り栄えたようです。
佐々木哲
2009/07/16 13:37
こんばんは、なるほど滋賀県内に今も残る野村町の類は関係があった訳ですね。
そして同じ近江発祥の野村氏でも、佐々木→野村だけでなく途中で別の姓を経て野村姓を名乗ったり、色んなパターンがあるようですね。
とても参考になりました。
まずは野村氏のことをもっと調べてみて、いずれ佐々木氏全体の流れも勉強したいと思います。
こちらのサイトもちょくちょく拝見させていただきます。
野村肥後人
2009/07/20 00:33
初めまして。祖先のルーツを調べており、こちらのサイトを拝見させて頂いております。祖先野村氏は葛西氏浪人を経て伊達藩に仕えたことまでは分かっております。それ以前は近江野村氏の出身と思われるのですが、上記コメントにありました、「六角氏流の野村氏もあります。六角満綱の庶子久綱の子孫」こちらについて大変興味があるのですが、どの資料を見れば詳しく載っているでしょうか?何卒ご教授頂けませんでしょうか?
仙台 野村と申します
2009/09/29 03:33
返事が遅れました。
沙沙貴神社所蔵佐々木系図がいいと思います。沙沙貴神社に問い合わされるといいでしょう。『佐々貴一家流々名字之分系』というタイトルです。掲載されているのは4代6人です。

沙沙貴神社
TEL:0748-46-3564
FAX:0748-46-5311
佐々木哲
2009/10/02 13:16
ご返答頂き本当にありがとうございます。ルーツ調べに行き詰っておりましたので、大変貴重な情報を頂き嬉しい思いです。
是非とも、「佐々貴一家流々名字之分系」について問い合わせしてみたいと思います。
ご教授頂き感謝致します。
仙台 野村と申します
2009/10/02 18:57
初めまして、話しは長くなるのですが、25年以上前になるのですが爺ちゃん(長男)の弟(次男)なのに何故名前が三郎なんだろう?って事で、聞いた話しでは先祖に三郎って名前の人がいたんだろう!くらいで考えていたらしいのですが、先祖を調べていくうちに、家系図まで見つかり、家系図があった場所が神社で、神社に爺ちゃんと婆ちゃんと三郎さんが、先祖についての事についての性名乗れない時期もあったなどの話しを聞いてきたようです。
家系図があり、小学校の時に馬鹿にされた為に忘れる様にしていましたがネットの環境がととのった今、自分の先祖に関して調べていたら、ここに辿り着きました
神社の名前などお婆ちゃんが元気なうちに聞いて先祖参りしたいと思います。
家系図が本物で本当に先祖が佐々木三郎盛綱だったら吃驚します。
北海道の佐々木です
2010/09/03 00:10
通称「三郎」を世襲していく家は、先祖が三男である家です。とくに三男が家督を継承した場合、それを記念して通称とすることはとても多いです。

たしかに佐々木氏では、源平時代の佐々木三郎盛綱の子孫が「三郎」を名乗ることは多いですが、それ以外でも先祖が三男で通称を「三郎」とする家は多くありますので、盛綱の子孫と即断はできません。たとえば、六角氏も家祖泰綱が三男であるにもかかわらず家督を継承したことから、鎌倉期には「三郎」を通称としています。南北朝期に三郎義信が早世して弟四郎満高が家督を継ぐと、以降は「四郎」を通称としました。

盛綱の子孫の可能性もありますので、先祖のことをご存知の方がいらっしゃるうちに、お尋ねください。伝承も立派な文化遺産です。
佐々木哲
2010/09/03 09:19
はじめまして。数年前祖父が亡くなり伝承を聞き逃したため、暇を見て祖先を調べていたところこのサイトにたどり着きました。
岩手の佐々木氏は、二戸市の米沢に盛綱系統の城があったとありますが、我一族は、そこから南の盛岡市の西にある太田、猪去といった地名の斯波一族の猪去御所があった付近の佐々木一族です。この辺りは、大きな佐々木家の部落が二つ(屋号は、宰郷家と一本木家)あります。奥州合戦の時に盛綱系統が土着したのか、斯波氏が赴任した時に佐々木性の一団が一緒に土着したのか、それとも前述の米沢の佐々木氏が九戸氏に襲撃された後、南部方について、この付近一帯をもらったのかなかなか分かりません。ただ、家紋は、片方の家が四つ目結、もう我が家の方が丸に三つ引きを使用しております。加えて本家の家系図に「近江女房」というのが乗っているそうです。南部藩は、近江商人を保護して盛岡に招き入れた経緯もあり、「近江女房」は、近江商人と関係があるのかとも思えるのですが、何か関連資料等ご存知でしたらご教示ください。
盛岡の佐々木です。
2010/10/30 02:15
ご存知かもしれませんが、ネットで近世こもんじょ館というのが参考になるのではないでしょうか。猪去御所斯波氏と四つ目結紋は関係がありそうですね。岩手は佐々木姓が多いので特定は難しいですよね。米沢佐々木氏だけでなく、田子や閉伊にも特定できない佐々木氏が繁栄してますよね。佐々木六角流愛智川直綱の子孫と伝わる水沢佐々木氏やその一族が岩手県南や宮城県北の広範囲に繁栄したようですが、佐々木哲先生によれば佐々木高島流横山頼信が陸奥栗原荘に領地を得ていますし、実際近世になって近江より移住との家伝を持つ家も多くあるようです。
佐々木寿
2010/10/31 18:03
東北地方には佐々木氏が多く、その系譜を明らかにするのはとても難しい作業です。また家紋についても参考程度にお考え下さい。もともと他の紋を使用していても、佐々木氏の子孫ということで途中で四つ目結紋を変えてしまうことがあるからです。

岩手の佐々木氏も数流あるようで、奥州藤原氏征伐では佐々木三郎盛綱・五郎義清兄弟が活躍しており、また佐々木六角氏の流れで愛智河直綱の子孫を名乗る水沢佐々木氏(葛西氏家臣)、源為朝の子息が佐々木高綱の養子になったという閉伊源氏なども有名です。

また高島流佐々木氏の朽木義綱が、母狩野為時女文殊(尼覚意)より、宮城北部の栗原郡一迫板崎郷地頭職を譲与されており、建武年間には板崎郷地頭代官で本主である板崎次郎左得門尉為重(狩野氏)が朽木頼氏に従って近江・若狭に転戦しています。朽木氏は若狭守護斯波時家に従い転戦しており、また高島七頭のひとり愛智流山崎氏も越前守護斯波氏に仕えているので、朽木氏の一族で斯波氏に従って東北地方に移った者もあるでしょう。

貴家が猪去御所斯波氏の本拠の地にあるのならば、斯波氏に従って陸奥に下向した者の子孫かもしれません。

さらに仙台藩士には、近世になって陸奥に移った六角氏の子孫もあります。

しかし資料がないのであれば、確定的なことは何も言えません。「近江女房」というのも、近江出身の女性、あるいは近江守を名乗る者の関係者とも考えられ、やはり特定できません。

私は歴史研究者であるため、資料がないことには議論ができないのです。

しかし本家に系図があるというのであれば、そこに何かしら歴史的事実の痕跡があるかもしれません。
佐々木哲
2010/11/03 01:44
佐々木寿様、佐々木哲先生、素人の質問にこれほど丁寧なご指導本当にありがとうございました。お忙しいのにお手を煩わせ申し訳ありません。大変参考になりました。少しづつ地道に資料を探してライフワークとし、祖先の供養とし、佐々木一族の誇りを持ちたいと思います。本当にありがとうございます。
盛岡の佐々木です。
2010/11/06 06:08
父が云うには「祖先は長綱といい、代々万太郎を襲名していた」とのことです。家紋は「丸に隅たて四つ目結」です。一応調査してみたのですが、「本家なのに竈」を称していたり、江戸末期の一揆により明治初めに破産していたりでなかなか先祖を探せない状況です。「萬仁門(屋号)」さんが親族らしいのですが、はっきりしたことはわかりません。調査の仕方、「万太郎」という名前、「聖徳太子信仰」は「近江源氏佐々木氏」と関係があるのでしょうか。
紫波の佐々木です
2012/04/12 14:02
佐々木氏には多くの長綱がいるので、先祖が長綱というだけでは家系は分かりません。有名な者だけでも、鎌倉期の近江守護佐々木頼綱の弟壱岐長綱(六波羅評定衆)、大原重綱の長男近江左衛門太郎長綱、高島流能登守長綱、高島流永田胤信の長男「原殿」三郎長綱、盛綱流佐々木加地筑前守長綱(備後守護)、さらに細川清氏流の養子になった盛綱流佐々木三郎長綱などがいます。

また丸に四つ目結は佐々木氏に多く使われており、家系調査には役立ちません。佐々木氏には四つ目結紋以外の紋もあり、むしろ四つ目結ではない方が家系調査では役立ちます。たとえば三つ鱗なら経高流、三つ星なら盛綱流、花輪違い(七宝に花角)なら義清流などです。ところが近世に多くの佐々木氏が四つ目結紋に替えてしまい、かえって家系が分からなくなりました。本紋のほかに副紋や替紋があれば、それが本来の家紋の可能性があります。

岩手県では水沢を中心に葛西氏重臣の直綱流佐々木氏が多く分布しています。南北朝期の近江守護佐々木氏頼の弟愛智川四郎直綱の子孫と伝えています。直綱は足利尊氏・直義兄弟が争った観応の擾乱で尊氏・高師直方の近江守護となった人物で、その子孫と名乗る佐々木氏が葛西氏に仕えます。また紫波郡の隣の閉伊郡には閉伊佐々木氏、さらに南部氏譜代の桜庭氏もあります。名主であれば、もともと豊臣時代に大名小名になれなかった武家の子孫であり、郷土史を調べるといいでしょう。

佐々木氏の本拠観音寺城の観音寺は聖徳太子創建で、また佐々木氏は浄土教の後援者でもあり、太子信仰とも関係あるでしょうが、太子信仰が広くおこなわれており、そこから家系は特定できないでしょう。

佐々木哲
2012/04/16 12:22
盛岡の佐々木さんへ

すでにご存知かもしれませんが、岩手県姓氏歴史人物大事典に宰郷家と一本木家の記述があります。簡単に書いておきますと、

宰郷佐々木家 (盛岡猪去太田細工)天和(1681〜84)の頃に丹波から移住。丹波の工匠であった忠兵衛が太田村に根を下ろしたことに始まる。
一本木佐々木家(盛岡猪去一本木) 300年前近江から移住。

詳しくは岩手県姓氏歴史人物大事典をご覧ください。
奥州佐々木尾州人
2012/04/27 00:02
貴重な投稿ありがとうございます。

家系調査は上(過去)から調べるのは困難で、下(現在)からさかのぼるのが最善です。そのため、このように地元の情報が得られるのは素晴らしいことです。
佐々木哲
2012/04/27 13:25
ほんの少しでもお役に立てれば幸いです。

佐々木長綱の件ですが、田茂山佐々木氏の系図(佐々木直綱流本吉佐々木系)に
佐々木泰綱−基綱−長綱−茂綱−源太郎・源十郎(兄弟)とあるので、この佐々木長綱の可能性もあるかもしれませんね。(岩手県史 第2巻 第3巻参照)

↓ こんな話もあるそうで、驚きました。戦国時代に佐々木源三秀義を名乗った人がいたとは。
「雄勝硯(宮城県石巻雄勝)
本格的に作られる様になったのは、1591年に現在の岩手県東山町の硯工人・佐々木源三秀義という人物が雄勝に移住し硯作りを始めて以降とみられる。」
奥州佐々木流尾州人
2012/04/28 00:08
奥州佐々木流尾州人 様
しばらく仕事で忙しく離れておりました。大変貴重な情報ありがとうございます。参考にさせていただき、地道に調査したいと思います。
昨年はじめて、安土の沙沙貴神社に参拝しました。何とも言えない透き通った空気と先祖の偉大さに感謝し自分の存在価値を見いだした気分でした。私も現在国防の任に着くものとして、引き続き佐々木先生のサイトで元気を頂きたく感謝する次第です。本当にありがとうございました。
盛岡の佐々木
2013/06/11 22:31
盛岡の佐々木さんへ

お役に立てれば幸いです。
ご先祖様のルーツが見つかると良いですね。
私も愛知県の図書館で東北の佐々木氏を調べていますが、他に良い資料がないので、仙台や盛岡へ足を運ばないといけないようです。なかなか遠くて行かれないですが。
宰郷佐々木家については最近ネットで閲覧できるようになってきています。「宰郷佐々木」で検索していただければ、見つかると思います。

奥州佐々木流尾州人
2013/06/23 21:10
盛岡の佐々木様
奥州佐々木尾州人様

コメントありがとうございます。割り込んではいけないのかなと思い、ブログ主はコメントしないでいました。わたしはこれまで京都・近江の歴史を中心に研究してきたので、地方史については分からないことが多く、皆さんの意見交換がたいへん参考になっています。

現在、研究中の内容はメールマガジンでお知らせすることが多く、ブログ記事の更新が進んでいませんが、近いうちにブログの記事も更新し始めます。

今後もコメントよろしくお願いします。
佐々木哲
2013/07/05 23:56
佐々木哲先生へ

お世話になります。
さて、お役に立てるかどうかあやしいですが、今後もコメントさせていただきます。
これまで奥州佐々木流尾州人と名乗ってきましたが、おこがましい感じがしますので
今後は奥州系尾州人とさせていただきます。(私の苗字ももちろん佐々木です。)

紫波の佐々木ですさんのコメントに関連して、

秋田県由利郡大内町にある代内太子堂
天正元年(1573)佐々木美濃介 が美濃国より聖徳太子像をもって祭ったという。
これも関係あるのかもしれないのでご報告させていただきました。
奥州佐々木流尾州人(奥州系尾州人)
2013/07/09 00:54
聖徳太子信仰に関連して、

山口県美祢市伊佐町南原にある南原寺

聖徳太子を開基、花山法皇を中興とする山口県内最古刹の真言宗寺院

建武2年(1332)佐々木直綱による花山法皇秘密法会の供養田など多くの寄進により益々栄えたという。

この佐々木直綱は水沢・本吉などの奥州佐々木氏の祖となった愛智河直綱ですかね?
ご存じの方、ご教示いただければ、幸いです。
奥州系尾州人
2013/07/11 23:03
佐々木哲様
いつも我が系譜を調べるのに拝見させて頂いております。当家は佐々木三郎兵衛尉盛綱を先祖としています。当家総本家には家系図が残されており戦前に曾祖母が見に行って、系図を一部写したものが残っております。島津11代当主の頃は、筑後守良綱、宗綱、次綱と続いています。江戸時代は、盛○と盛の字を代々受け継ぎ甚兵衛を代々名乗っており、また壱岐をたまに名乗っていたことが総本家の墓銘から見れらます。 一つご存じであればお教え頂きたいのですが、島津家文書に盛綱流小島甚兵衛壱岐を名乗るお側役がいますが、小島は他文書では見つからないので、私は兒島の間違いではと思っていますが、何かご存じの事があればお教え願いたいと思います。
佐々木盛綱子孫 兒島 
2014/02/20 22:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

恋愛哲学

三郎兵衛尉盛綱 佐々木哲学校/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる